2006年11月02日

未履修(履修不足)問題は隠れ蓑

 辛くもシベリアから、帰還できた叔父は敗戦前、兵営で上級の兵長から帯剣(銃剣)を暫く貸して欲しいと言われ(事実上の命令)、そのまま取り上げられてしまった。
 やむなく、兵器室から要領(自己調達)して難を逃れたのだが、ある伍長に見られ兵器室に呼ばれた、そこで伍長は銃本体と違う、製造番号の刻印を打ち直して呉れたそうだ。
 こうした、軍紀違反であっても、下級兵士を庇う、そんな例もあるのだ。
続きを読む
posted by じゅん at 21:20| Comment(15) | TrackBack(2) | 政治 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。