2007年03月02日

日朝国交正常化に関する作業部会始まる……

安倍首相は、従軍慰安婦について、家に入り込んで強制的に連行した証拠はないと、発言した。日本は敗戦時大量の公文書を焼却する隠蔽工作を、組織的に行った。証拠により争える立場にはないのだ。
これでまた作業部会は、一層進展が困難になる。実は意図的なのだ。

安倍にとって、拉致問題は、下手なテキ屋のがまの油、手放す訳には行かないのだ。唯一の商品を手放したら(被害者が全員帰国したなら)政治家でいるのも危うくなる。

解決しては困る大問題なのだ。

過去の清算をキチンと果たして、国交正常化。その中の一つの課題としての拉致者の帰還。このようにしか解けない問題なのだ。

拉致被害者の総数、遺骨の真贋、政府の主張は言い掛かりに近い。事情に明るい誰もが知る、こね事実に触れる事は、事実上禁じられている。
posted by じゅん at 09:48| Comment(0) | TrackBack(3) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。