2007年03月28日

三日で死刑!!かよ??

 
「天下の大悪法・裁判員制度徹底糾弾!!高野善通の雑記帳」
http://www.interq.or.jp/enka/svkoya/blog/enka/index.html

「7割の裁判は3日以内で終わるので安心」という前最高裁事務総局刑事局長の言葉が日経の広告にあったそうだ!
裁判員が参加させられるのは、確か死刑判決もあり得る、重大刑事事件の筈。

三日で死刑!!かよ??

と言わなくてならない。

高野さんが多岐に亘り書かれているが、市民が裁判に参加する方向が悪いとは考えられないにしても、いま進められる裁判員制度は、何の目的、意味があるのか全く理解できない。
 ワイドショーに依って「容疑者」逮捕の瞬間に始まった裁判を、公式に見せかける、それ以上の役割があるとは考えられないのだ。

制度導入に向けて、公判での争点を絞る事で裁判の短期化を図るとしているが、これこそまさに逆転ではない!逆の発想。
より誤りの少ない裁判のためには、一般市民を連れ込んで、メディアサーカスのショーで誤魔化すのでは無く、捜査過程の可視化(取り調べ全課程の録画)、裁判官の増員こそが必要なのだ。
 青法協(青年法律家協会)を法務官僚が弾圧解体して以降、裁判官の声が、社会に漏れること全く無くなってしまったが、彼等は多忙だ。通常判断の限界を超えるほどの案件を常に抱え、しかも転任により、一つの担当事件への責任を全うできない。

構造改革にによる安上がりの政府、安上がりな司法。

このために本来先ずすべき司法人員の増員、捜査過程の可視化をせず、扇情的な石打裁判を蘇らせようとしているのだ。


posted by じゅん at 20:27| Comment(4) | TrackBack(1) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無期懲役刑に関する誤解の蔓延を防止するためのブログ

http://d.hatena.ne.jp/youhei2007/20070327

コメントを下さった方のブログが、この記事タイトルの名称で大変多岐に亘り調べた上で書かれており、一般に考えられているのと違い、


日本の無期刑は、「期間の定めのない懲役刑」ではなく、「終生という刑期の途中で、仮釈放によって社会復帰ができうる刑」

2000年以降、無期刑の仮釈放は厳しく運用されており、20年以上の服役が仮釈放の事実上の条件となっており、2005年の仮釈放者の平均在所年数は27年2ヶ月


こうした点は、「凶悪犯罪」の度に無責任に騒がれる量刑の軽さ!その誤解を改める機会になるだろう。

ワイドショー、特に日本テレビ「ザ・ワイド」を最悪のものとする意見には、拍手。

posted by じゅん at 20:00| Comment(2) | TrackBack(1) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スリーマイルアイランド原発事故 1979年の今日

原子炉本体が溶けだしてしまう寸前の、大事故!チェルノブイリ原発事故迄、史上最悪の核災害と言われた。当時日本ではアメリカは運転管理の水準が低いと自慢タラタラだったが、最近ばれた臨界事故を見れば???そしてまだ周辺住民は後遺症に悩んでいる。

今度明らかになった臨界事故でも、もっと多くの制御棒が完全に抜けていたら、蓋を開けた原子炉は手の付けられない状態になったろう。

能登半島地震では志賀原発の炉心に水銀灯の破片が落下!


地震が直撃しなかったのは幸運な偶然。それでも想定外の規模だと、電力会社は平然と言う。

地震列島日本に原発、核施設の適地は無い!


だから僻地が押し付けられる!!


被災地は今日は雨らしい、二次被害の無い事を!!
posted by じゅん at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。