2007年04月17日

長崎市長狙撃

長崎市では裏金のほかに、受注業者が別の業者の見積書を偽造する「見積もり合わせ」の不正が約一万五千件発覚。総契約額は約三十六億七千万円に上ったが、現職の伊藤一長氏(61)や職員は公金を返還しない。

伊藤氏が掲げる十二項目の公約のうち、最も力を入れているのが「早寝・早起き・朝ごはん。一日一回は家族団らんの食事」


 これが、長崎市長選を報じた、長崎新聞の記事。

 ここに共産と、無所属2人の争点が問題化しにくい選挙の最中、地元暴力団「水心会」会長代行という男が伊藤一長市長をピストルで狙撃。
 水心会(山口組系列)と、1990年本島等市長(当時)をやはり狙撃した右翼団体「正気塾」は少なくとも敵対関係には無い。
 反核運動には、決して距離をとってはいなかった伊藤市長に対して、正気塾などがこれまで脅迫などをしているとは確認されていない。
 その意味で、本島市長へのテロとは表面上異なって見える。
 恐らく真相、背景が明らかにされることは無いだろうが、政治テロによる沈黙の強要、それが改憲にひた走る、日本の政治に重しとなってのしかかるだろう。

 実行者ではない、真犯人はそれで目的を達する者達の中にいるだろう。
posted by じゅん at 21:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

憲法が もったいないと 涙する

okori2.jpg「わらった顔をして、町のよこちょうにたっていたおじぞうさんは、八月六日原子爆弾をうけ、爆風でふきとばされた。

水をもとめ、にげのびてきたひとりの女の子の目には、そのおじぞうさんが、おかあさんにみえた。

やがて、おじぞうさんは、目をぐっとにらみ、口をぎゅっとむすび、仁王の顔になった。目からあふれた涙が女の子の口もとにながれた……。」(「金の星社、 絵本 おこりじぞう、山口勇子原作

 この話を知っている人は多いかと思います。


日本国憲法
第9条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。


 安倍首相はこの「国の交戦権は、これを認めない。」が日米同盟にとって邪魔だ、と主張します。
 では、何処で誰と戦うために必要なのでしょうか?
 60年間、変える手続きが無かったと言うことは、その必要を誰も感じなかった、そう考えるのが自然でしょう。

 戦争をしないこと、それはアジア太平洋戦争の300万人以上の犠牲者からの、私たちのへの贈り物です。
 
 憲法を粗末にする、政治の動きには、おこり地蔵さんが、再び涙しているかも知れません。
posted by じゅん at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脳芸教室

 確か去年、サントリーがセサミンのコマーシャルに京大教授を出演させていて問題になった。

 なにか研究をしていたのは確かだろうが、その結果を短い時間に説明は無理なのだから、権威付けのバイブル商法と言われても仕方ない・・・

 それが記憶から消えぬうちに、又しても新手!と思ってしまう。


単に「塗る」だけでは脳は活性化しない──三菱鉛筆が川島教授と検証  
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070415-00000003-zdn_b-sci


 こんな記事を読み、三菱鉛筆のHPものぞいたが、記事以上の内容は無し。一般論の説明に間違いは無さそうだが、その研究がどんな内容か?そして第三者の検証(笑)を受けてなのかは判らない。

 脳トレブームの何匹目かのドジョウ?こうした学者さんの権威を背中にする商売は、一歩待て・・・

スギ花粉入り健康食品「パピラ」の被害が出て、販売自粛されるかと思った同類の「健康食品」に、厚生労働省は16日、スギ花粉入りのすべての食品に「スギ花粉症の人が摂取すると重篤なアレルギー症状を引き起こす」と表示するよう販売業者に指導することを決めた。
 まだ売っていた

 これなども、アレルギー治療の減感作療法のまがい商法。しっかり見分ける眼を身につけないと、やがては健康被害かローン地獄。

 何事も話半分位が丁度良い
posted by じゅん at 04:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。