2007年05月16日

\^o^/◇それでもぼくはやっていない◇ 国連拷問禁止委員会で上映

日本政府は、日本では拷問は無い!との報告書を提出したが、「それでもぼくはやっていない」の上映で、政府報告の嘘が、参加した各国委員会に明らかになってしまった。

上映を見た諸外国の政府委員からさえ「嘘だろ」「信じられない」の声が相次いだと言う。

企画した東京第二弁護士会所属の弁護士は、ジュネーブの国連内上映を目指していたが、必要な同意を日本代表部は拒否した。
posted by じゅん at 17:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転載▼ごめん、お宅の子を撃っちゃった。なので、500ドルあげます〜イラクの現状を伝えませんか?

▼ごめん、お宅の子を撃っちゃった。なので、500ドルあげます〜イラクの現状を伝えませんか?

◎情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士◎から
http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/aa2184cf2655e066059f68b172a3a1c6


 結局、何の合理的理由もなく、単に石油利権のために始めたことが明らかとなり、英国では、首相交代にまで追い込まれたイラク戦争。この戦争では、今日も米軍の誤射によって多くのイラク人民間人が死亡している。そして、その補償費はスズメの涙…あなたがもし遺族だったら、許せますか?日本は航空自衛隊を通して、そういう米軍の殺戮を応援していることになるのです。直ちに自衛隊を引き揚げるよう政府に命じなくていいのでしょうか?

 タイトルにある「ごめん、お宅の子を撃っちゃった。なので、500ドルあげます」は、軍縮問題資料の6月号で、ジャーナリストの長沼節夫さんが紹介した米国のメディア評論誌「エディターアンドパブリッシャー」の記事のタイトルである。

 この記事から、米軍がイラク民間人の命をいかに軽く取り扱っているかがよく分かる。

 例えば、米軍が果樹園に誤って爆弾を落とし、不発弾に子ども二人が近寄って、爆死した事例では、米軍は補償は行わないという。なぜなら、広い意味での「戦闘行為」による結果だかららしい。
 
 このようにほとんどの場合、補償は支払われないという。

 払われるとしても、商売を終えて帰る途中の兄弟が爆弾運搬中と勘違いされて米軍に射殺された場合で、5000ドル(約59万円)が支払われたに過ぎない。米兵に誤って射殺された少年には500ドル(約6万円)しか支払われなかったというのだ。

 しかも、このような低額にもかかわらず、イラク民間人への支払いは2004年の500万ドル(6億円)から2006年の2000万ドル(24億円)に跳ね上がったというのだから、いかに誤射が多いかが分かるというのだ。

 この情報のもとはアメリカの法律家団体ACLU(←クリック)の提供するデータベース(←クリック)に基づく。試しに、CARで検索したら、168件ヒットした。それぞれについて、このような(←クリック)詳細な情報が開示されているが、多くは補償金は認められていない。

 私たち日本の市民は、このような実態を知らないで、日々、テレビが提供する情報に身を委ねているだけでいいのでしょうか?こうなったら、一部の人から嫌がられてもいいからTBによる情報流通を図るしかないのではないでしょうか?

 誤射が多発している実態…。自分の妻子、親、兄弟が殺されても、ほとんど補償がされない実態…。こういう実態を知れば、自ずから投票行動も変わってくるはず。

 もし1000人が一日10人にTBすれば、1ヶ月で30万人にTBできます。もし、1日33人にTBすれば、100万人にTBできます。さらに、TBの記事の中で、この情報をほかの人にも伝えてほしいとお願いすれば、場合によっては、莫大な数の人々へ情報が伝達されることになります。もちろん、そんなTBはいらないとか、迷惑だとか、いう反応もあるでしょう。しかし、エロサイトからのTBの数に比べれば、例え、ダブって数回送られてきたとしても実質的な被害はないはず…。

 いままでこういうプロジェクトはあったのでしょうか?あったとすれば、その結果は?もし行うとしたら、どういう内容がいいのか?個人的には、大義なき戦争の下での誤射問題が一番分かりやすいように思いますが、もっと別のテーマの方がよいだとか?あるいは、文言は自由に委ねた方がいいかもしれません。でも、一日、これだけTBしたよっていう報告はしあった方が力も入ると思います。そのときに、今日は、「愛」で検索した人にTBしたとか、今日は新規投稿があった人にTBしただとか、そういう報告も必要だと思います。このプロジェクトについて、ご意見をください。
posted by じゅん at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一人殺せば30万

位をアメリカ軍は兵士に支払う!!
首狩料!と言う訳ではなく、浄め料の意味らしいが。それで一儲けの論外な奴がいるとも。

ところが、殺されたイラク人には、子供だとよくして6万円、知らんぷりさえ!!
下の記事にはそんな話しが。


◎情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士◎から
▼ごめん、お宅の子を撃っちゃった。なので、500ドルあげます〜イラクの現状を伝えませんか?


http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/aa2184cf2655e066059f68b172a3a1c6
posted by じゅん at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。