2007年05月17日

長久手町の拳銃立て篭もり

犯人に銃撃された警察官が、負傷したまま救出出来ない状態を!!

なんとテレビ中継!

スタジオでは、けたたましい、どうでもよいおしゃべり。

おまけにヘリ迄飛ばし映像を!!

何処までテレビは堕ちて行くのか?
posted by じゅん at 18:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【緊急】賛同ブロガー募集! 「民主党候補者に改憲の賛否を問うアンケート」

blog「反戦な家づくりより転載」



【緊急】賛同ブロガー募集! 「民主党候補者に改憲の賛否を問うアンケート」2007/05/17 15:00憲法、なかでも9条が変えられることに 反対するブロガーの皆さん。7月の参議院選挙で、改憲に反対する候補者を、ひとりでも多く当選させ、改憲に賛成する候補者を、ひとりでも多く落選させることが、日本を戦争のできる国にしないための、今できる最大のたたかいであると思います。 自分の選挙区で、「改憲に反対し、なおかつ当選する可能性のある候補者」を見極め、支援し、投票することです。何党が好きとか嫌いとか言っている場合ではありません。 改憲へと歩を進める自民・公明に反対する人々から、もっとも多くの期待が寄せられている民主党は、改憲については態度を明らかにしていません。それぞれの候補者が、改憲に反対なのかどうか、有権者は個別に判断しなければなりません。 そこで、民主党の候補者全員に、9条の改憲の賛否を聞き、判断材料になる資料を作成したいと思いたちました。 民主党を改憲論争に引きずり出すのは、利敵行為ではないかと言う意見も多いようです。 民主党が、政党政治の方法論か
ら改憲を争点にしないことを、必ずしも否定するものではありませんし、徒に分裂を望むものでもありません。 ただ、改憲反対の無党派である私は、改憲に反対してくれる候補者が誰かを知りたいのです。そう思っている人は、多いのではないでしょうか。 一方で、公明党は、「加憲」「9条は変えない」と言っています。もちろん、文言を加えることで換骨奪胎することも「改憲」です。全くのゴマカシであると言わねばなりませんが、このまま行くと、「9条守ろう」という票が、雪崩をうって公明党に流れることにもなりかねません。候補者の、真の信条は、アンケートくらいでは分かりません。 また、この質問は全党の全候補者にするべきだという意見もあります。 どなたかお手伝いいただけるのであれば、そうしたことも第2弾として考えられると思いますが、現在の私の時間では無理があります。 というわけで、いささか手抜きではありますが、すこしでも「反対」のひと、「反対」に近い人を選べるように、下記のアンケートを実施したいと思います。 つきましては、反戦な家づくり・明月が発起人になり、以下のとおり、ブロガ
ー諸姉諸兄の賛同を求めます。 1.下記のアンケートに「賛同ブログ」として名称とアドレスを記載します 2.回答の結果を、各ブログにて掲載してください 3.できるならば、多くのブログに賛同の呼びかけもしてほしい +++++++++++++++++++ ここからアンケート文面 +++++++++++++++++++++ 民主党 参院選候補者 各位                  アンケートのお願い  日頃は、私たち生活者の暮らしのためにご尽力いただき、感謝申し上げます。  いよいよ参議院選挙が2ヶ月後に迫って参りました。 私たち、平和を願う国民は、固唾を飲む思いでこの選挙を迎えようとしております。  去る5月14日には、国民投票法が強行採決され、改憲への日程が始まってしまいました。 この参議院選挙で、改憲に賛成の議員が大勝したならば、何ものにも代え難い「平和」を守ってきたこの憲法の、なかでも9条は余命3年を宣告されたようなものです。  数の暴力でごり押しする安倍首相と自民・公明の両党への怒りは、民主党への期待と関心となって高まりつつあります。   しかし、残
念ながら、これまでの何人かの民主党議員の方々のご発言から、「民主党はほんとうに平和を守ってくれるのか?」 という一抹の懸念を捨てきれないのも事実です。その迷いが、最悪の結果を招かないように、改憲に反対の候補者の皆さんを、微力ながら私たちも応援していこうと考えております。  そこで、お手数ですが、下記のアンケートにご回答いただけないでしょうか。  なおこれは、民主党を分裂させようという自民党の考えに沿ったものでは、断じてありません。投票にあたって、一人でも多くの国民に知っておいてもらいたいだけです。  そのために、ご回答いただいた結果は、末尾に列記した賛同ブログおよびその他のブログ等に掲載・転載され、少なくとも数万人の読者にお知らせすることができると思います。  それでは、よろしくお願いいたします。 質問1  憲法9条を改変することに反対ですか。(YES・NOでお答えください) 質問2  その理由を、以下にお書きください。 期 限  公示1ヶ月前の、6月5日までにご回答をお願いいたします。 回答先(発起人) 反戦な家づくり・明月 
http://sensouhantai.blog25.fc2.com/)          メール:info@mei-getsu.com  FAX:06-6720-XXXX(実物には実在の番号を書きます) 賛同ブログ(50音順)+++++++++++++++++++ アンケート文面ここまで +++++++++++++++++++++ 以上、賛同いただけるかたは、このエントリーに、ブログ名称・アドレスが分かるようにして賛同コメントを寄せて下さい。 賛同コメントの期限は、5月25日(金)24時とします。1日に延べ数万人の読者がいるブロガーズの底力を見せようじゃないですか。 ただし、期日までに賛同ブログが20に達しないときは、「民主党はそっとしておいてやれ」とか「こんなことは新聞がやることだ」とか、要するに実施に反対の意見が多いと判断し、アンケートは中止したいと思います。ご承知おき下さい。 ※なお、共同発起人であったSOBAさんは、ご自分のエントリーに書かれているように、発起人は降りられ、このプロジェクトは中止すべきだという立場を表明されました。屋根に登ってハシゴをはずされたような感じもしないでもないですが(笑)、屋根
に登ったのは私自身の判断ですので、責任もって遂行します。
posted by じゅん at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国会中継を 見て!!聴いて!!

有権者の二割程度の支持で過半数の議席。
この意味を深く顧みず、次々に強行採決で、自民党公明党が、日本を何処に押しやろうとしているか?
しっかり記憶に留めよう。問題点は下に転載した、保坂議員の記事を。


[5/17 9:37]◆教育3法案、今夕可決へ教育改革関連3法案、今夕可決へ。衆院教育再生特別委で採決、与党の賛成多数で可決する見通し。



◇◇保坂展人のどこどこ日記◇◇
より

[与野党合意なく、委員長職権で教育3法の採決へ教育国会論戦]


・連日の質疑が行われている衆議院教育再生に関わる特別委員会だが、ついに本日の5時過ぎに開かれた委員会終了後の理事会で、与党が提案する明日の日程を保利委員長が職権でセットした。比較的おだやかに、また野党側の要求にも応じてきた委員会運営を続けてきただけに、野党各党が「質疑続行」の要求をしているにも関わらず最後に「職権行使」がされてしまったことは残念でならない。委員会の運営は野党に対してていねいだったが、中身は「激辛」である。「教育免許更新制」「ダメ教員の追放」「学校教育法上の徳目事項の法文化」「地方教育委員会への文科大臣の是正・指導権限の創設」など、教育の国家統制をますます進めるような事態になるのは歴然としている。午前9時〜11時 (一般質疑) 野党・民主党のみ午前11時〜12時(締め括り総括質疑) 与党・自民・公明(総理出席・NHKテレ
ビ中継入り)午後1時より衆議院本会議午後2時〜5時(締め括り総括質疑)野党・民主・共産・社民・国民(総理出席・NHKテレビ中継)その後、討論・採決。これが、本日セットされた明日の日程である。とても、残念だが全力で論戦に臨みたい。 ・・・・・・・・▼
posted by じゅん at 11:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。