2007年05月20日

イラクにて 安倍、ブッシュと 心中するつもり  橋本勝の政治漫画再生計画第71回

情報流通促進計画byヤメ記者弁護士
http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005より転載



 【橋本勝さんのコメント】
 5月15日、イラクへの自衛隊派遣を2年間延長するイラク特措法改正案が衆院で可決された。
 愚かなる判断のもと、愚かなるイラク戦争へ突き進み、アメリカの若者を死なせ、膨大な数のイラク民衆の生活と生命を破壊した、愚かなる大統領ブッシュ。そのイラク戦争を開始早々支持したのが、我が日本の愚かなる首相小泉純一郎だった。その後を継いだ安倍首相も、イラク派遣を2年間延長するという、愚かなる決断をした。
 1国のトップの愚かさが、どんなに国を、世界を、悲惨なことに追いやることか…。この上は、そんなリーダーの愚かさについてゆくほど、国民は愚かでないことを、選挙で証明してやらなければならない。おそらく次の米大統領選で、アメリカ国民はそんな賢明な民意をみせてくれるだろう。そして日本の国民も来る参院選で、賢明なる選択をしてくれることを切に願っている。


続きを読む
posted by じゅん at 21:28| Comment(2) | TrackBack(1) | 転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「素手で抗議する非暴力の住民に本当に何と言うことを」 転載

 http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005より

【転送希望】
MLに届いた沖縄の叫びです。駆けつける事ができる方はぜひ、駆けつけてください!私は今週中は無理そうです。本当に歯がゆい…。

■■引用開始■■
辺野古の情報を転送します。
「素手で抗議する非暴力の住民に本当に何と言うことを」と思いますが、今この場でできることをやるしかないのだと思います。マスコミはもっと報道してください!!

◆      ◆

陸上での作業ヤード設置阻止の座り込みも皆疲れきっています。
夜は冷たい海風に震えながら、昼は曇っていても沖縄の日差しはきつく、蒸すような暑さです。
仕事などで一時帰ったりして人数が減ってしまい、わずか30人程度になってしまう時間もあります。
機動隊はバス4台で待機中です。
いつ強行されるかわからない状態です。


==以下転送です==【転送歓迎】

遅い時間の配信申し訳ありません。
今日一日のことを報告します。
これを読むだけでなく、傍観するのではなく、どうか辺野古に駆けつけてください。

明日、明後日も未明より作業が行われる可能性があります。
この2週間ほとんど休むことなく警戒を続け、今日も10時間以上海上で非暴力の座り込みを行ってきた仲間達は疲れ切っています。どうか、一緒にこの平和を求める活動に参加してください。

わたし達のほとんどは、皆さんと同じ、何にも所属していない一人の市民です。
特にカヌーに乗っている人の半数近くは定年退職者です。
わたし達は反対派でも妨害者、過激派でもなく、ましてや日本の軍隊が向き合うような「軍隊」とは天と地ほどの違いがあります。
これ以上沖縄を、ジュゴンの海を毀さないでください。
沖縄を、日本を、アメリカと一体となって世界中で無垢の市民を殺し続ける加害へと荷担させないでください。ベトナムでの、イラクで市民を殺戮した爆弾はわたし達の島から飛び立っているのです。

どうか辺野古へ駆けつけてください。
・ダイバーが足りません。無抵抗で海底の機器設置場所に座り込むわたし達のダイバーに対して、殴る蹴るの暴行が水中で行われています。多くの目撃者、カメラが集中することによってこのような命にかかわる危険な行為を止めさせることができます。
・カヌーに乗る方が足りません。もうみんなへとへとです。来ていただければ、時間を作って練習を行います。

以下報告です。
昨夜、午前0時には100人ほどの人たちが集まってくださり、交代で寝ながら監視行動を続けました。
午前4時、出航準備をしに外に出たところ、海の方からエンジンの音がゴウゴウと鳴り響いています。海上は海上保安庁の船で埋め尽くされていました。

午前5時半、汀間(ていま)漁港から阻止行動の船を出そうとした時に、海上保安庁は異例の船舶検査などを行ない出航時間を大幅に遅らせるという手段に出てきました。

午前7時、既に作業が強行されている海に出ると海上保安庁の大型巡視艇4隻、中型2隻、小型2隻と数えきれないほどのゴムボートが襲ってきました。結果として午前中3ヶ所については作業をさせず、午後もカヌー隊が向かったところでは、作業をやめさせることができました。
それでも多くのポイントに調査機器がおろされています。

わたし達は、小さなカヌーにのって6艇ずつが小船に曳かれて一日中走り回りました。
また、ダイバー達、シュノーケルの人たちも、海底に打たれる杭の切っ先に手を伏せてギリギリのところで止めるようなシーンもありました。
こちらのダイバーはその度に殴る蹴るの暴行を受けています。
浜に戻ったときは午後5時半でした。10時間以上海上にいたことになります。


ところで、わたしは子どもの頃父より「海上保安庁の人間には誇りがある、海上自衛隊は人を殺すためにあるが、彼らは人の命を救う仕事をしているのだから」と聞かされていました。
もちろん、多くの海上保安庁の方々は紳士的でしたが、とても残念な、酷い行為も今日一日でたくさん目撃しました。

例えば作業船にカヌー隊がしがみついていた時に船がバックを始め、雇われている漁民は安全を考えてゆっくり引き離そうとしていたようですが、海上保安庁のボートから「もっとスピードを出せ!」と怒鳴られ漁民の方は仕方なくスピードを上げました。その結果カヌー1艇が転覆しました。彼らは人の命を守るどころか、危険にさらしたのです。
海上保安庁の職員は、まるで防衛施設局の職員か業者のように漁民に指示し、危険行為、場合によっては生命の危険にある行為を行うよう命じました。

違う場面ではゴムボート2艘でカヌーの隊列を挟み、執拗にカヌーを波で煽り、転覆させました。これも一つ間違えると波と船体に打ち付けられ命を奪いかねない行為でした。

また、少なくとも2ヵ所で海上保安庁のゴムボートが、白化現象から漸く回復しつつある貴重な浜珊瑚に船で激突しました。手前を走る海上保安庁のゴムボートが積む2機のエンジンがその衝撃で飛び上がるのを目撃しました。

海底にしがみついて非暴力で阻止行動をしているダイバーに対して、作業員もしくは海上自衛隊員たちは殴る蹴るの暴行を加えてきましたが、海上保安庁の隊員は見て見ぬふりです。

しかし国は「反対派」というレッテルを貼り、「妨害行為・暴力行為」をしているというネガティブキャンペーンを必ず展開するはずです。

作業を強行している業者の人も海上保安庁も、海上自衛隊も防衛「省」も国もきっと信じられないのだと思います。
金儲けのためでもなく、暴力を振るわれても振るうことなく、他者や自然の平和を守るために行動する人たちの心を彼らは信じられないのだと思います。
全て力でねじ伏せることが出来ると思っている人たちは、非暴力で立ち向かって来る一般市民が心底恐いのだと思います。
人の心を信じ、平和を信じ活動する市民たちがいることを心底否定したいがために暴力を持って望んで来るのだと思います。
平和を創るために体を張っている仲間たちは「暴力を振るう者が一番弱い」ということを知っているのです。
暴力の弱さを国に伝えるために、愛する日本には暴力に頼る国になって欲しくないという命をかけた訴えをしているだけなのです。
人間は自分にやましいところがあると他者に対して暴力的になるものです。海上自衛隊導入は「国の逆切れ」と理解していただいていいと思います。

これから国がありとあらゆる方法を用いて「辺野古の阻止行動」に対して張って来る「ネガティブキャンペーン」「マイナスイメージ宣伝作戦」に引きずられてはならないと思います。真実を伝えている仲間たちの声を信じてください。国が今回のことで墓穴を掘っていることに気付くまで、私たちは平和を求めて進むだけです。

■■引用終了■■


もうひとつ、こちらのブログからの引用(写真も)

■■引用開始■■

5月18日の環境調査阻止行動についてのTV放送で、次のアナウンスがありました。

「環境事前調査は、この海域に生息するサンゴの生態や海流を調べるために国が独自に実施するものですが、反対派グループは環境の調査であっても基地建設につながるものは許さないと激しく抵抗しています。」

アナウンスのとおり・・2行目以下「環境の調査であっても」という主張だと、基地建設反対派が、調査を妨害する・・「ゴリオシ」をしているように受け取られます。


私たちの主張は「アセス法に違反した日本政府の調査は認めない」、という主張です。
私は、このアナウンスは、次のように言い換えるべきだと思います。

「環境事前調査は、この海域に生息するサンゴの生態や海流を調べるために国は環境アセス法とは別に独自に実施するものと説明していますが、反対派グループは環境アセス法に違反した調査だとして、激しく抵抗しています。」


アセス法違反については、4月26日のブログ↓をお読み下さい。>特にマスコミの方々
http://blogs.yahoo.co.jp/okinawa_maxi/archive/2007/4/26
★国、那覇防衛施設局は、環境アセス法違反の環境調査を行い
★国、防衛省は軍艦と、軍人を沖縄、辺野古の海に寄こし、
★国、海上保安庁は、国の違法調査を阻止しようという住民の船を早朝に点検し
 海における、国の違法を助けた・・・
 
 以上の三つの★マークの事象の中にどれだけの国、日本政府の違法行為が存在しているでしょうか? 皆さん、お考え下さい。

■■引用終了■■


なお、大塩平九郎さんが、以下のような提案をされています。
 1 誰かに辺野古のビデオとってもらってyoutubeで流す。youtubeでなくても、ホームページ上で定点カメラを見せてもいい。
 2 ここまで国民を愚弄し、戦時中同様、国民・沖縄の人々に銃を向ける大政翼賛会日本会議に身の程をわきまえさせるため、全国民に自動車税不払い運動を呼びかける。
 簡単で、インパクトが非常に強い方法。
 映像の力は強いと思います。映像、画像を見つけたら、みんなでTBしあいましょう!
posted by じゅん at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(-.-;)(?_?)あり得ない仮定

07-05-20_10-55.jpg今日の読売紙面に、神戸大のシンポジウム「激動する世界と日本」の記録記事がある。

中で、今安倍政権がバーチャルリアリティの恐怖を煽る、北朝鮮のミサイルが、日本上空からアメリカ・・の図が示されている。
確かに可能性として、グァムハワイへを仮定すれば、日本上空の通過は言える。

しかしこれは、ゲームの一パターン以上の者では無い。

 集団的自衛権の見直し論議は、米朝、米イラン対話以前なら、多少の説得力を持ったかも知れない。しかし、今米朝の武力対決などどんな場合でもあり得ないし、それ以前でも可能性は、金正日が自滅を覚悟したときだけ、それは周知の事だ。

 台中の衝突も、同じくゲームのバーチャルリアリティでは想像出来ても、現実は斬新的な経済を先行させる接近で、妄想でしかない。

 日本周辺で、日米が利害を共にする、武力衝突などんな仮定を置いても、経済、政治まで含めて現実を捉えれば無い。


読売の楽しい間抜けな図を考えて見よう。
液体燃料の、その準備が常に監視されている、弾道ミサイルが果たして兵器であるだろうか?捏造の証拠でイラクに侵略さえしたアメリカに向けての。
図の経路を示す矢印は、米本土、グァムハワイの三本。
金正日の自滅攻撃を仮定しても、あるのは米本土のみ。
どう考えても、日本に係わるものでは無いし、あり得もしない。

更に恐怖症(笑)が、期待する日本へのミサイル攻撃。
確かに「東京を火の海・・」とジョークは飛ばす。

しかし、それにどんな意味が?その後に何を得るのが目的か?ここをキチンと分析すれば、弱い犬の遠吠え、啖呵以上の何ものでも無いのが分かる。
 
 今空想的現実論者は、盛んに日本への武力攻撃の不安を煽る。
だが、食料自給さえ止め、市場と資源の循環が滞りなく無く続くのが存立の条件である日本に直接の攻撃をする意味など無いのだ。
 産業基盤を破壊した後に中国の一つの省に?してどうするというのか?お笑いネタにさえならない。これを自民党の馬鹿共は真面目に言うのだ。

 軍事にだけ係わる人々が、古典的な戦争観でそうした空想に耽るのは理解は出来なくは無い。
 しかし現実にあるのは、全国に程よく配置した原発、産業配置で、武力攻撃はあり得ないものとする経済社会、日本なのだ。

 
posted by じゅん at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

兎に角発信量を!

  政治ブログと任ずる全ての皆さんに!

ブログを複数、できる限り数多く開設して欲しい。

積極的に同記事反復投稿をして欲しい。

400字前後で、もう一つの道を。


この三点を強くお願いしたい。




続きを読む
posted by じゅん at 14:26| Comment(0) | TrackBack(2) | ブログ インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。