2007年05月29日

自殺女性医師の「過労」認定 大阪地裁判決

 ロクでもない日本の裁判所だが、大阪地裁は全国の地裁の中でも、至極常識的なまともな判決を下すことが多い。

 この愛媛県新居浜市「十全総合病院」の女性医師の過労自殺、損害賠償賠償訴訟判決は、評価できる。

朝日の記事 http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200705280052.html

 判決後、女性医師の父親(63)は大阪市内で記者会見し、「勝訴しても娘の笑顔は見られない。悲劇が二度と繰り返されないよう、医師の労働環境の改善を願いたい」と訴えた。

 のこの言葉が、全てを物語るだろう。

 ただ、この病院を運営する積善会について詳しくはないが、一般論として、いま病院経営を赤字にしないよう努力するなら、医師、その他のスタッフの長時間労働、過剰検査、過剰投薬、直接医療行為以外の外注化、こうしたことするしかない。
 何と事務部門などは、三ヶ月半年毎の競争入札?そんな病院さえあるのだ。
 それを、政権与党は 「構造改革」と呼ぶ。
 
こうした過労自殺は、あらゆる分野に、この裁判官も含め。

それが好景気??の日本なのだ、失業率9年ぶりに3パーセント台?パート、アルバイトばかりの雇用の見せ掛けの数字。
posted by じゅん at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特攻!!

「臨時ニュースを申し上げます。

安倍本営改憲部発表。

昨日正午、

改憲特別攻撃隊一番隊

松岡隊は

敵中枢に壮烈なる特別攻撃を敢行せり。


我突入す。後続を待つ!」

柳沢隊、伊吹隊、中川隊

準備良いか(^_-)-☆
posted by じゅん at 11:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松岡隊!!発進(^_-)-☆

「臨時ニュースを申し上げます。

安倍本営改憲部発表。

昨日正午、

改憲特別攻撃隊一番隊

松岡隊は

敵中枢に壮烈なる特別攻撃を敢行せり。


我突入す。後続を待つ!」

柳沢隊、伊吹隊、中川隊

準備良いか(^_-)-☆
posted by じゅん at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中3女子、飛び降り死亡

下の記事に氏名が無いのを不自然に思う人は先ずないだろう。事件事故報道は、松岡氏のような場合で無ければ、匿名で良いのだ。


 とても痛ましい出来事。
 これが昨年末だったら、どの様に報道されてていただろうか? 間違いなくテレビカメラが殺到し、「イジメ」との関連を探り、教育の荒廃、崩壊と関連づけて、伝えていたはずだ。
 失礼な表現だが、この悲しみは、教育再生が緒に就いた?現在は、ベタ記事なのだ。
 公表された遺書に窺わせる記載が無い、それがこうした扱いの・・も言えるかも知れない。
だが、時期が違えば、報道の追求は更に先に進んでいた。今、警察発表に止まるのは何故なのか?
 少年少女が、自ら死を選んでしまう、それは何としてでも社会が止めなければ成らぬ事。
 一時の流行を追うような事であってはならないのだ。
 又、様々な痛ましい出来事を、政治的野心の為に利用しても成らないのだ。



2007/05/28-18:52 中3女子、飛び降り死亡=マンション、かばんに遺書−神奈川
 神奈川県茅ケ崎市赤松町の14階建てマンション駐車場で27日夜、市内に住む中学3年の女子生徒(14)が倒れているのが見つかり、頭蓋(ずがい)骨骨折などで死亡していたことが28日、分かった。マンション屋上に残された生徒のかばんの中から両親にあてた遺書が見つかっており、県警茅ケ崎署は飛び降り自殺したとみている。
 調べによると、女子生徒は自宅から約300メートル離れた同マンションの屋上から、手すりを乗り越えて飛び降りたとみられる。遺書には「疲れてしまった。何で生きているのか分からなくなった」などと書かれていた。   時事通信
posted by じゅん at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中3女子、飛び降り死亡

 とても痛ましい出来事。
 これが昨年末だったら、どの様に報道されてていただろうか? 間違いなくテレビカメラが殺到し、「イジメ」との関連を探り、教育の荒廃、崩壊と関連づけて、伝えていたはずだ。
 失礼な表現だが、この悲しみは、教育再生が緒に就いた?現在は、ベタ記事なのだ。
 公表された遺書に窺わせる記載が無い、それがこうした扱いの・・も言えるかも知れない。
だが、時期が違えば、報道の追求は更に先に進んでいた。今、警察発表に止まるのは何故なのか?
 少年少女が、自ら死を選んでしまう、それは何としてでも社会が止めなければ成らぬ事。
 一時の流行を追うような事であってはならないのだ。
 又、様々な痛ましい出来事を、政治的野心の為に利用しても成らないのだ。



2007/05/28-18:52 中3女子、飛び降り死亡=マンション、かばんに遺書−神奈川
 神奈川県茅ケ崎市赤松町の14階建てマンション駐車場で27日夜、市内に住む中学3年の女子生徒(14)が倒れているのが見つかり、頭蓋(ずがい)骨骨折などで死亡していたことが28日、分かった。マンション屋上に残された生徒のかばんの中から両親にあてた遺書が見つかっており、県警茅ケ崎署は飛び降り自殺したとみている。
 調べによると、女子生徒は自宅から約300メートル離れた同マンションの屋上から、手すりを乗り越えて飛び降りたとみられる。遺書には「疲れてしまった。何で生きているのか分からなくなった」などと書かれていた。   時事通信
posted by じゅん at 04:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。