2006年02月26日

花の季節の始まり

 12℃前後の日が続き、梅は満開、桜桃も開きだした、杏、桜と目を楽しませて呉れる季節の始まりだ。人間社会の冬の終わりをうかがうべくもないのと異なり、自然の循環は今年もゆるぎなく流れている。


【関連する記事】
posted by じゅん at 13:33| Comment(6) | TrackBack(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
奥多摩もそろそろです。今年は梅郷をゆっくり楽しもうと思っています。何せ、最後ですから。自然に春は巡っても、社会の冬はそのままです。こんな社会に誰がした、と言いたくもなりますね。
Posted by nori_px at 2006年02月26日 21:38
写真を見ていると、なんだか気分が前向きになってきます。
春なんですね。
Posted by あすく at 2006年02月26日 21:55
せめて花に侘びしい思いのやり場を向ける位しかない、それでは余りにですが、。
 その辺りでしたら、山に入れば随分長く楽しめるでしょうね。
Posted by じゅん at 2006年02月27日 04:11
西南暖地とは言え、やはり冬はいささか花枯れ、これからです。やはり何処でも花画像を絶やさぬのが良さそうですね。
Posted by じゅん at 2006年02月27日 04:13
やった〜コメントがやっと入った。

画像もみえるようになりました。

相性があってきたのかしら(笑)

・・・今日はこちらは吹雪です。
Posted by あすく at 2006年02月27日 11:02
大丈夫になりましたか。いっそ定住は如何でしょうか、家事負担は等分になります(笑)。
Posted by じゅん at 2006年02月27日 19:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。