2006年04月02日

小説「天皇裕仁と作家三島由紀夫の幸福な死」

 今は忘れられたと言っても良い、匿名の小説家、奥月宴の小説「天皇裕仁と作家三島由紀夫の幸福な死」をブログでアップされている方があった。 1970年代に、最初私家版で、昭和天皇の北欧ポルノのコラージュのカラー図版入りで刊行され、著者は著作権を要求していなかったので、幾つかの複製が出回った。またその初版?の部分複製を、戦前治安維持法で拘束された事もある、老アナキストがチラシにして、反天皇制宣伝のため新宿のデパート屋上から撒いた事などもある。
 文学?としての価値は評価が様々だろうが、興味のある方は下記を。

http://yakenn2002.seesaa.net/article/15664374.html
http://yakenn2002.seesaa.net/article/15989516.html
posted by じゅん at 23:17| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

アングラ小説家と神軍平等兵
Excerpt: 覆面作家奥月宴氏のアングラ小説「天皇裕仁と作家三島由紀 夫の幸福な死」を三回に亘って紹介させて頂いた。 そこで今回は奥月宴氏と、かつて原一男監督のドキュメンタ リー映画「ゆきゆきて神軍」で一躍脚光..
Weblog: サブカル雑食手帳
Tracked: 2006-04-21 23:10
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。