2006年06月20日

光市母子殺害、最高裁判決 日テレNHKの報道姿勢

 今10時のNHKニュース、又しても最終弁論の弁護士欠席理由が「日弁連に予定・・」で、ドタキャンに近いと始める。ところがこれは開廷日前に連絡済みを、裁判所は被告に伝えていなかったが事実。
 そして遺族の怒りの声を続ける、これまでの定式通りの展開だ。
 日テレでも、終日被害者の心情を・・と繰り返していたが、どちらも
被害者への共感とは、視聴率を上げられ続けるコンテンツ欲しさの、「営利的共感」でしかない。
 特に日テレは自局の若手アナの破廉恥犯罪を隠蔽するのみで、何らの反省を内部化することもなく、そもそも報道、ジャーナリズムを口にする資格さえありはすまい。
 この事件に関して、専ら利用対象として被害者遺族を偶像視するマスコミの姿勢は、これまで置き去りにされてきた被害者、遺族の立場を汲んだ、制度形成に役立つものでは無い。
 例えば、再犯率の高さを上げれば、覚醒剤の使用犯の膨大な収容者が、一般刑事犯と同一の処遇で、薬物依存からの離脱のための何のプログラムも受けず再犯に至る。
 そうした行刑、社会復帰制度の不備が、過剰収容による矯正教育の不徹底を
生む。こうしたより広い視点の中にどう事件を位置づけるのか、そうした問題意識が必要なのだ。
 オウム事件以来、関係者を丸ごとさらし者にする事こそ、報道と名付けてはばからない風潮が、動かしがたいものになったが、今回も延々と、事件には全く関わりない被告の父親に、問わず語りに謝罪を求めて延々と語らせる。
 こうした事こそメディアリンチと言うのだ。
posted by じゅん at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 光市母子殺害事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック