2006年06月30日

光市母子惨殺事件と警視庁誤認逮捕事件

 「光市母子惨殺事件」こう表現をする人たちもいるのだ。
 7.7のフライデーの見出しもそうだった。
 被害者周辺の気持ちがそうであるのは間違いないことだ、しかし当事者以外が、こうした表現、犯行の詳細を繰り返し書き連ねる、その意味は共感の表現とは異なると言わざるを得ない。
  どれ程我が身に置き換えて理解し、共感を示そうと試みても、立場は全く異なる。
 例えば、儀礼的な相手以外の弔問を思い起こすといい。深心の傷を受け手相手への最大の共感の表現は、ただただ傾聴することの外に何もないのは、誰にでも判ることだろう。
 そこが限界であり、弁えるべき線なのだ。
 往々にして誤る警察さえが、その先走りを懸念することの多い報道に、更に悪のりして、逮捕時から罵声を浴びせ続けるに終始する、被害者への共感などは、他者の痛みへの想いなどではありはしない。
 今週路上生活者3人の焼殺事件の判決があった。覚醒剤使用時の心神喪失を認定し、無期懲役。
 こうした事件には、全くの無反応だ。その意味は。
 ハッキリ言えば、「凶悪事件」とは被害者が女性の性犯罪の別称でしかない。もし当事者が生きているなら、公知の事柄になるのを躊躇する細部を、第三者でありながら、「共感」を掲げれば、クドクド繰り返せる、その心理の底にはポルノグラフィー的興味しか無いだろう。
 昨日、ひき逃げの誤認逮捕を警視庁が公表。
 被害者を、地裁に呼びつけ!!検察と共に謝罪??したという。
 場合によっては、無実であり無罪を主張しながらの懲役もあり得たのだ。
 拘留がとかれたのが4日と言うから、何らかの事情で漏れなければ、個人情報の保護でも盾に隠蔽し続けるつもりだったろう。
 供述、自白偏重の捜査、窃盗の累犯者に未解決事件を背負わせて実績を稼ぐ、それを見抜けぬ検察、裁判所。
このどこもが、内部告発、内部資料の流失で公金の私的流用(横領)のばれた全国の警察組織、調査活動費の同様な私的消費の告発者の検事を「口封じ逮捕」した検察、物品購入の98パーセントが随意契約と同様の公金流用を暗示させた最高裁以下の各級裁判所と、構造的腐敗、怠慢の集積がこの事件だろう。
 そしてその先走りで事実の不確定な段階で悪=加害者を断定し、無責任な慰み者とする情報拡散と、それを疑うことなく消費する、日本社会の病が現れている。
 今週の週刊新潮は、奈良の火災事件関係者への、心ない、凶悪犯罪者をもしのぐとさえ言いたい記事を、彼らの当然のやり口とは言え並べ、商売の種にしている。
 彼らは現実に人を殺したりはしない、しかし殺せ!極刑!とそそのかすことで、人々の心を腐朽させるのだ、言論の自由の建前の下に。
 一見被害者、遺族へ心を寄せるかの表現を連ねて、当然の報復とばかり極刑・・を書き連ねる人々の主張は、こうした愚をただなぞるのみで、全く自ら知り、考えるそうした真剣さに欠けるものばかりだ。
posted by じゅん at 12:38| Comment(4) | TrackBack(2) | 光市母子殺害事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ホームレスには、同情を覚えないのなら、所詮その程度の似非「ヒューマニスト」と言うことでしょう。週刊新潮、文春の過激さに、最近AERAが追随しているような気がするのですが。。。
Posted by nori_px at 2006年06月30日 21:39
光市の事件への共感?と言うより、言及はハッキリ言ってしまえば、ポルノグラフィー的興味が大半と思います。共感を当事者よりも激しく語る立場があり得るのか?そこが全く判っていない、困ったものです。
 フラッシュ、フライデー、スパあたりが月一位、多少は読める記事ではどうしようも。アエラ、週朝ともに、文春新潮のゴミ拾いとは情けない限りです。
Posted by じゅん at 2006年06月30日 22:07
『支店長はなぜ死んだか』についてのご教示有り難うございました。
Posted by UBSGW at 2006年07月03日 23:27
どういたしまして、たまたま検索したところ目につきました。
Posted by じゅん at 2006年07月04日 04:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

続報~ひき逃げ犯誤認逮捕
Excerpt: http://news.goo.ne.jp/news/asahi/shakai/20060702/K2006070201560.html (警視庁)物証に乏しく、難しい事件だった。供述に頼ってしまい、..
Weblog: 求道Blog
Tracked: 2006-07-03 18:09

『この内閣は私が倒す』―「この国のかたち」を変える救国連合政権構想―(2002年文芸春秋)
Excerpt: 「メンフィスの夏 日本の恥」として知られる政権末期の醜態をさらしまくったコイズミは海外メディアからもいいもの笑いの種になっている.タイムズのパリー記者は特派員ブログで「今後、数百万人のアメリカ人が小泉..
Weblog: エクソダス2005《脱米救国》国民運動
Tracked: 2006-07-05 14:50