2006年07月13日

対北朝鮮  米日制裁案の無責任

 結局マスコミの伝えない、国際世論の動向で、今回のミサイル発射に関連するなら、言いがかりに近い、無責任な制裁決議はゴミくずと化す方向が見えて来た。 ことに日本テレ等は。安倍売り出しに懸命で、危険危険と囃し立てるが、具体的な根拠は何もない。
 例によって、どのようにも理解可能な映像を、アレンジして雰囲気醸成をしているに過ぎない。
 韓米日の軍事連携から見れば、北への圧力が、どこに反発として噴き出すか、それは誰もが韓国にと考え用紙、間違い無いことだ。
 そのいま現在も双方が臨戦態勢にある韓国で、現政権の政策を割り引いても、冷静な対処に努めていることを考えれば、日本の「危機・危機」騒動は過剰反応でしかなないのも、容易に理解可能な事だ。
 この常識、良識の立場を伝えるメディアが存在しない、それこそが現在の危機だ。
 そして経済制裁が、その力で来たの体制崩壊をもたらすとしても、そこに至るまでに、再び餓死者が生まれる・・それは空想でないのも、過去の出来事から容易に推測される。
 制裁が、軍事・・となれば尚悲惨な事態に至るのだ。
 そして日本は、容易にそこへ至る提案を、現行法下では軍事行動への参加は不可能でありながら提起する。
 この無責任さ、対米依存、追従を世界世論から見透かされていた、騒ぎ出した最初から、それが大半の理事国の日米案拒否の理由なのだ。
 しかしそれも国内では、あるがままに伝えることは、実質禁じられている。
 ここにどんな報道??があるのだろうか。
 制裁案事態がアメリカ主導?もしくは軍事面はお任せの、そうしたツケは
何時何で支払わせられるのか、まず狂牛肉、そしてミサイル防衛の開発費負担(システム導入と言うが、役に立つものではない)だろうが、その程度で済まされるのか?
posted by じゅん at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。