2006年07月16日

北朝鮮のミサイル発射問題

 地球上のあらゆる国、地域に対して、弾道ミサイルの開発、実験の即時中止、国連加盟国にはミサイルに利用可能な物資や技術などの提供防止を、その出発点としての今回の決議なら、それには道理がある。
 しかしひとり北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)にのみそれを求めるのは、国家なかんずく大国のエゴ以外の何ものでもない。 金日成体制の阿保らしさは、よど号のお坊ちゃん達が、血迷って北行する以前から、及ぶ限りに言っては来たが、そのころは誰も耳を貸しはしなかった。
 北の脅威、ミサイル、核、生物、化学兵器の危険性を、今回の騒動に批判的な人達まで、何か語る前に、踏み絵のようにするのだが。
 冷戦以降も、当然のこととして受け入れている「アメリカの核の傘」が、実は相手方にとっては、「核の槍」であること、そこが出発点であることは、都合良く忘れられている。
 北の軍事的脅威は盛んに言われるが、尽きるところ軍事力とは工業生産力の総和以外の何ものでも無い、それを考えれば、その実態は冷戦期の東側、イラク、そしてイランについて言われるあれこれ同様に、殆ど虚仮威しの誇張と考えるのが、まともな思考だ。
 対原発テロ訓練をニュース?として最近良く流す。テレビ向けの映像提供サービスのつもりやも知れないが、源平合戦、騎士の一騎打ちのような時代がかった、攪乱集団の正面突破の破壊工作など、漫画でしかない。
 また幾度も書くのは馬鹿馬鹿しいが、アメリカ本土であれば、技術的可能性も僅かにはあろうが、日本には距離に近さから無意味なミサイル防衛。
 たかがミサイルの実験、訓練を口実に言われるあれこれはどれもが、その表向きとは全く別の、何ものかを推測させる。
posted by じゅん at 21:41| Comment(2) | TrackBack(3) | 政治 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
北朝鮮の国連大使が「制裁を構える日米に、ミサイル実験の事前通告等できるはずが無い。」と言う趣旨の発言をしたようです。どうも情報の出所が、アメリカの政府高官(文官)で、日米の制服組は、揃って沈黙、と言う話を、某ブログで見ました。原発襲撃なんぞ、どう考えても出来ない、と考えるのが普通だと思いますね。
Posted by nori_px at 2006年07月16日 21:57
米日の核の脅威が先にあった、その原点が見事に忘れられていますね。もし本当に悪意があれば、既に原発はいつでも必要時には管理可能にしていると思います。
Posted by じゅん at 2006年07月18日 23:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

安倍壷三Google検索の怪と、透けて見えるおおわらわ火消し工作を嗤う。
Excerpt:  まずグラフを見ていただきたい。※「統一協会」と「統一協会 安倍」で検索しました
Weblog: 雑談日記(徒然なるままに、。)
Tracked: 2006-07-17 14:24

安倍晋三が工藤会に渡した300万を追え!
Excerpt: 前回のエントリーに書いた、安倍晋三が工藤会に300万渡した話が、WEB上から消え去っている。ニュース検索しても、安倍が300万渡したことは、スッポリ抜けた記事ばかりだ。 しかし、この安倍が指定暴..
Weblog: 反戦な家づくり
Tracked: 2006-07-18 01:20

「外国が攻めて来たら」の嘘仮説!
Excerpt: 1.数の論理の危険性 「華氏451度」の「UTSで「国防」アンケート実施中――私にとって国防とは」のコメントに興味深い投稿があった。 何の為のアンケート (布引洋) 2006-07-15..
Weblog: BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」
Tracked: 2006-07-18 01:44
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。