2006年09月06日

秋篠さんの男の子 「世論」が見える

 今や病院まで「患者様(保険か〜貧乏人が〜と舌を出しつつ)」の時代だが、天皇家の一族の子供達を幼少時から「さま」付け、こんな悪習は止めた方が良い。この子達の未来を閉ざす。
 皇太子浩宮は同時期「なるちゃん」で誰も怪しみはしなかった。
 天皇夫妻は兄弟の確執を少しでも強めまいと、所を外している。
 だが男子の出産を強いられ続けた、雅子妃の生にどんな意味があるのだろうか? 今日半日はこのニュースが占拠、予定通り滞りなく。
 出産と言う単純な出来事が、その日のうちに。
 これが宮の付かぬただの秋篠さんの男の子なら、今日それを知るのは十数人そんな所だろう。
 この簡明な出来事から、世論が、そう初等教育のテスト結果、その程度のものでしか無いのは、誰にも理解できよう。
 森喜朗は確かに失言が多かった。
 しかし小泉純一郎 は、開いた口からあふれる総てがそうでしか無かった、だがそれを報道がどう伝えたか? 
 野党との討論で、一度でもかみ合う回答を出来たことがあったろうか。
 ただ撮しただけの映像を反復し、その責任を省みることなく「小泉劇場」とマスコミは名付けた。
 そして安倍晋三、小泉と同工異曲、他にどんな形容が可能だろうか。
 元首相の孫、なり損ないの男の息子、 政界のサラブレッド、プリンス。
 拉致問題で毅然と!?それがこの男の発意と責任、その検証はされたのか。
 学歴に詐称は無いのか?
 何故暴力団に幾度となく絡みつかれるのか?
 統一教会に送った祝電は誰の指示なのか?
 これは本人が明解に釈明すべき事柄であり、報道はその正否を徹底的に追求すべき事柄だ。
posted by じゅん at 22:45| Comment(4) | TrackBack(2) | 天皇制 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございます。上記、男であることは、多分かなり前に解っていて、天皇家は、各地に飛び散っていた、と言う読みが正しいでしょうね。
Posted by nori_px at 2006年09月07日 05:45
はじめまして。
私の思ってた事が、より具体的且つ簡潔に書いてあって、読んでいてとても爽快でした。
雅子様の立場を思うと、本当にお気の毒でしかたありません。
天が望んで男子が誕生したのではないですね。
いわば人間の執念が誕生させたのだと思います。
妃たちの心と体をむしばみながら。
Posted by 黒木 燐 at 2006年09月07日 12:38
noriさま、全く人間が不在の出産劇、天皇の尊崇などと言う連中が、手のひらを返して、改正論凍結。これぞ「不敬罪」でしょうね。
Posted by じゅん at 2006年09月07日 21:13
黒木さま、こめんとありがとうございます。どんな問題でも、それに直面させられる人間、そこを出発にしないと、こんな嫌な事態を眼にさせられる事になると思います。
 兎に角雅子さんはこれから一層、むごい立場に、そう感じています。
Posted by じゅん at 2006年09月07日 21:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

メディア・ジャックとしての皇室報道(出産報道の狂騒)
Excerpt: ■夏の甲子園とその地方予選も、歳時記的意味での「電波ジャック」「紙面ジャック」だが、こと皇室報道は、主催団体をとわない、メディア・ジャックを呈する。■「国民をあげて歓迎されている」といった、ありもしな..
Weblog: タカマサのきまぐれ時評
Tracked: 2006-09-07 21:39

「天皇家の大仕事をなし遂げた 紀子さま」?!
Excerpt: ■聞くに堪えない女性差別発言  ここ数日、メチャクチャ、多忙ゆえ、潰れまくっていた。  が、やっぱり気になるので、ささやかながらコメントしておこう。当日、朝のテレビはつけたけど、聞くに堪えない「女..
Weblog: 権力とマイノリティ
Tracked: 2006-09-08 02:51
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。