2006年09月15日

アルコール・イグニッション・インターロック制度の導入で、飲酒運転の根絶を目指して(転載)

 こうした装置の全面義務化、早く進めたいものです、ニュースで聞き検索でヒットしたので転載させてもらいました。

http://www.maddjapan.org/madd/mail/mail.html
【要望の骨子】
道路交通法および関連法を改正し、酒酔い運転および酒気帯び運転を繰り返す違反者に対し、法で定める一定の期間、アルコール・イグニッション・インターロック装着を義務づけること。
 
【要望の趣旨】
先年、飲酒運転を撲滅し飲酒運転事故を防止するために、飲酒運転への罰則の強化、酒気帯び運転の基準値の引下げ、飲酒運転に付する基礎点数および交通事故に付する付加点数の引上げ等を内容とする道路交通法の一部改正が行われました。その政策効果は徐々に現れつつあります。しかし、飲酒運転による交通死亡事故は、減少傾向にあるとはいえ、いまだ交通死亡事故全体の約1割を占めています。(平成17年は707/6871件)。

飲酒および飲酒運転は習慣性が強く、いったん摘発されても、処分が終わり再び免許証を手にすると、また飲酒運転をしてしまう者が少なくありません。飲酒運転は繰り返されるのです。
インターロック・システムは、運転手の呼気からアルコールを検知すると、車のイグニッションキーをロックします。その結果、酒気を帯びたままでの運転ができなくなります。飲酒運転の累犯者が運転する際には、法で定める一定の期間、アルコール・イグニッション・インターロックを装着することを義務づけるべきだと私たちは主張します。
飲酒運転をなくすことは国民的課題と考えています。インターロック・システムはアメリカやカナダですでに大きな成果を上げています。愛する者が飲酒運転事故によって突然に命を奪われることがなくなるように、誰もが安心して暮らせる社会となるように、酒酔い運転および酒気帯び運転を繰り返す違反者に対し、一定の期間のインターロック装着を法的に義務づけてください。ここに署名を添えて要望いたします。

MADD Japan 代表 飯田 和代

「個人情報の扱いにつきまして」
○オンライン署名の扱い
電子メールで、事務局に送られるオンライン署名については、署名 用紙の形式に印刷したものを、他の 署名と一緒に小泉首相宛に提出いたします。電子化されたファイルなどは提出いたしません。
○どのような形態でも署名提出先以外の他者に提供することはありません。

「メールアドレス、その他の個人情報の扱いにつきまして」
○オンライン署名と一緒に送られるメールアドレスやお名前ご住所は、事務局からの情報配信 または 事務局からの連絡の目的にのみ使用します。それ以外の目的には使用しません。
○署名事務局が知りうる一切の個人情報について、事務局から他者に提供することはありません。

「データのセキュリティに関しまして」
ウィルスの侵入に対して、市販のウィルス対応プログラムを使用するなど、事務局としてできる範囲での、データのセキュリティ確保に努めています。個人情報の漏洩には、最大限注意しています。


関連新聞記事 飲酒運転:車のロック装置義務づけ署名活動 千葉のNPO
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060914k0000m040025000c.html
posted by じゅん at 22:51| Comment(9) | TrackBack(0) | 転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一理はあるかな、と思いますが、自販機の免許証判別機と同じで、余り効果は無いのではないでしょうか。「人は、安全装置を外して作業する。」と言う格言が、製造現場ではありますし、多分、インターロック逃れの闇装置が販売されるのでは?と思います。スミマセン、悲観論者の愚痴です。
Posted by nori_px at 2006年09月16日 15:22
実際それはありますね。ただ敷居を高くして、道を外しにくくして、それでもには、厳しく、出来るのはそんなところでしょうか?
Posted by じゅん at 2006年09月16日 15:52
プロ野球ニュースの「今日のホームラン!」のように、「今日の違反者!」みたいに、住所・氏名をメディアで公表するしかないでしょう!

それにより、その邸宅は放火されるかもしれませんが。まぁ、歩行者に突っ込むような奴ですから。

現実的には、ナンバープレートに違反者は生涯、ラインが入るようにするぐらいですね。

あと教習所を国営にして、軍隊みたいにして、200万円位にする。車の数が減り、体力のないメーカーは潰れますね。
Posted by ふにゃ夫 at 2006年09月18日 12:16
 ブロワー(送風機)で、ごまかせると思うよ。金額にして、3200円ぐらいかな。(個人でも簡単に製作可能だと思う。)

飲酒運転検知装置などと言うものは、簡単に出来るもではなく、高度な知的装置が要求される。

それよりも、スピード違反の取締りを逃れる為の装置が存在している事に凄く憤りをおぼえる。
Posted by ケロけろ at 2006年09月19日 12:53
ふにゃおさん、そうですね毎日決死隊のように懲りない連中が続々、それでも氷山の一角、真面目に社会全体で、酒、車を考えねばなりませんね。
Posted by じゅん at 2006年09月19日 22:40
ケロけろさんコメント有り難うございます。結局は人間の意識、その規範の親玉連があの有様では・・と言うしか無いのが残念です。
Posted by じゅん at 2006年09月19日 22:43
車の買い替えを1.5年後に控えている私は腹が立ちますわ。一滴も飲まない私は、車の価格が上がるのは納得いかないわ。

この理論やったら、包丁を作っているメーカーも叩かなアカンがな。殺人事件に良く使われてるからな。

富士山の樹海もぜ〜んぶ金網でおおったらんかいっ!自殺者が多いのを黙認してるのは、ほう助にあたるんちゃう?

カーナビのTVは運転中に見れなくしてるはずやけど、それを見れるようにするのは違反のはずやが、解除する機械がどーどーと売っているのは?

違うやろって!おかしいやろって!
包丁は板前さんや、主婦の人達のツールやろ、ただの!使い方の問題だけや!

政府の動きが鈍いのは酒税が目当てなだけやろ?
国民的なアニメのサザエさんも酔うシーンが多すぎや!。マスオはもっと、ウエイトをせな、あんな私生活してたら体、ブヨブヨになるでっ!
Posted by ふにゃ夫 at 2006年09月20日 02:28
どうしてメーカーが問題にされないのか本当に不思議です。
60才の巡査部長、いつも通りにしていたのでしょうが、愚かさには哀れさえ感じます。
Posted by じゅん at 2006年09月20日 04:40
いや、じゅん様!(^_^.)メーカーが対応する必要はないのでは?(^_^.)

じゃぁ、カッターも危ないから、購入時に身分証の提示が必要ですね(^_^.)

0は1億かけても0なのです。
私は上司がどれだけすすめてきても、飲んだ事ないです。
場の雰囲気とか、関係ないです。
意思が弱いだけ。断れよ!
そのかわり、ゴルフとかなら、トコトン付き合いますよ。

飲酒運転は即、免許取り消しにすればいいんですよ。重大事故を起こした奴は終身刑。寄せ場の中で働いて、その賃金を遺族に死ぬまで振り込ます。なんで皆、そんなに弱いのかなぁ?
Posted by ふにゃ夫 at 2006年09月21日 13:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック