2006年09月18日

吉野家 賛江 祝 恐牛丼再発売

米国牛が他産地のそれに較べ、際だって危険と断定までは出来事ない。
日本ヨーロッパで行う、BSE対策をアメリカは、実施する経済力を持ち、十分な時間がありながら取らず、圧力で輸入を強要し、日本政府は屈した。
それを象徴するのが、リーディングカンパニー??吉野家の牛丼再発売だ。
posted by じゅん at 17:51| Comment(2) | TrackBack(1) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
せっかくアメリカ産牛肉の安全アピールに最適なニュースなのに、純ちゃんも晋ちゃんも吉牛を食べるパフォーマンスはしないんですかね。
Posted by 黒木 燐 at 2006年09月19日 18:18
鋭いですね、早速官邸のアドバイサーに推薦そておきます(笑)。多分ママがダメ〜と言ったのでは無いでしょうか?
Posted by じゅん at 2006年09月19日 22:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

できる人とは?
Excerpt: できる人とできない人の大きな違いとは?意外に気がつかない秘密が密かに隠れています。〜 経済力アップの秘訣とは? 〜
Weblog: 男磨き塾!日本を支える男たちが仕事・経済・恋愛・ファッションで輝きだす瞬間とは?
Tracked: 2006-09-19 00:27
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。