2006年09月20日

<タイ>クーデター、軍「首都制圧」 

 http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/world/thailand/?1158682590
 こうした事態が、遠くない先に日本で?と考えるのも、決して悲観的、うがちすぎとは言えない状況に、いつのまにかなってしまっている。
 安倍政権?は、基盤確立のためなら対外緊張も演出さえするだろうが、地方から見ると、日本はハッキリ分裂している。 景気拡大は大都市止まり、せいぜい県庁所在地におこぼれが少し。
 平成の大合併は、山間部を非居住地化しつつある。
 これまで比較的安定した身分であった、公務員も民営化のかけ声で、非正規雇用かしつつある。
 保守政治家、政府幹部官僚のみはどれ程の痛みも感じずに、政変に戯れる。
 靖国参拝が破壊した、アジアでの日本の存在感の消失を回復する努力は何処にも無い。
 あと一歩、ではないのだろうか。
posted by じゅん at 04:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。