2006年10月15日

北朝鮮核実験 対北制裁決議

これは国際社会の強い意志の表明なのだそうである
 なれば幾つかのことを問わねばならない。
 アメリカが次に予定するイラン制裁より以前に何故イスラエルの核保有が許されるのかと?
 レバノンにクラスター爆弾を大量に投下したのは誰か、それを供給したのはと?
 何故臨界前核実験は許されるのかと?
 中東”民主化”の為に年間一万人以上を”解放”するアメリカのイラク侵略はいつまで続けるのかと?
 テロ支援国家があるのなら、「テロ国家」は何処なのかと?

 これは、限りない質問リストのほんの冒頭に過ぎない。 初の「周辺事態法」適用、「特別措置法」で支援対象拡大こうした事のみが、アメリカ軍への協力の責任として、政府与党で論議されるが、極めて無責任で、根拠のない騒動だ。
 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)がしたのは、あくまで実験に過ぎない、無論それが挑発、或いは懇願ではあるにしても。
 中露の意向で、武力制裁の抑制の方向ではあっても、その一歩手前の措置であるのは明らか。
 効果とした予測されるのは、短時日の体制崩壊か、破滅を覚悟の反撃の間にしか無いだろう。
 その一翼を、米軍支援の名目で担う、それは相手側からするなら同列だ。 
 衝突が発生すればあり得る、ソウルへの南下侵攻、日本へのCBミサイルの発射、それを防御する手段は無い。
 この事実を確認すれば、政府与党の現在の動きは、現実的危機対応では無く、ある名目を盾にした、有事体制の一歩前進、「集団的自衛権」の無制限の容認であるのが理解出来よう。
 まさか、本当の危機と錯覚して、可能な何もかもとまで慌てふためく程に彼等が愚かとは思いたくない。
 取り敢えず今日本に住む人々の、生存のカギを握るのは彼等なのだから。
posted by じゅん at 11:40| Comment(9) | TrackBack(2) | 政治 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これまた若輩ゆえ、御教授お願いしたいのですが、もともと2000年からのライバルではないのですか、キリスト教とユダヤ教は?

何故、今は仲良しこよしなのです?

やはりユダヤ系資本がアメリカを牛耳っているのですか?
Posted by ふにゃ夫 at 2006年10月15日 13:02
前から思っていたのですが、じゅん様がいいなぁ、と認める国はあるのですか?(^^)

私はアメリカも嫌いですが、中・ロとかよりはマシだなぁとか思うのです。民間の監視団体とかもあり、たとえ大統領でも不正をすればつるし上げるシステムがありますでしょ?

先の大戦後もGHQは天皇制を残したり、冷静な部分もあります。
アレが中国とかなら、天皇制は存続させなかったのでは?と、思うのですよ。
自らの利益の為とはいえ、長期的な考えが出来るでしょ?
Posted by ふにゃ夫 at 2006年10月15日 13:15
キリスト教徒ユダヤ教と言うよりは、ヨーロッパでのユダヤ人、ジプシー(ロマ)差別がローマ教会の確立の中で、差別の底辺層として組み込まれた、そう言うことになると思います。
 ムスリム、ユダヤの対立は、イスラエル建国以降に生まれた問題です。
 ヨーロッパがヒトラーが手際よく解決?し、イスラエル建国で完成した、差別の処理をまた押し戻されては困る、それが欧米の本音でしょう。
 ユダヤ人差別は、北欧等でも未だに根深いのです。
Posted by じゅん at 2006年10月15日 13:33
コメントでのご紹介ありがとうございました。
今後ともよろしくおねがいいたします。
Posted by ハマナ・タカマサ at 2006年10月16日 07:33
kこちらこそ、宜しくお願い致します、興味深く読ませて貰っております。
Posted by じゅん at 2006年10月16日 09:54
じゅん様、バット論はもちろん冗談ですよ(^^)

色々なブログを拝見していると、じゅん様と同じ意見が多いですね。いわく、戦争などありえないと。

9・11で飛行機が突っ込んだり、神戸は地震がなく瀬戸内海気候で住み易いとか言うてたら、あの悲劇…ベルリンの壁の崩壊を示唆した有識者は聞いた事ないし、ガキの頃、好きだった『ブロント・サウルス』は、パラダイム・シフトよろしく『アパト・サウルス』に名称変更。冥王星は不認可になり、カルーセル麻紀が女の戸籍を取得…

と、常識が変わりつつある今、なにを信用すればいいのか判らないですね。

北については現状維持がベストとの事ですが、援助をしまくり時間を与え、10年後に弾頭の小型化に成功してしまえば遅いですよね?

北の高官が、南の高官に向かって
『我が国の弾頭が完成すれば、あなたも生きてはいない!』
と、いうシーンがTVで流れてましたね。すぐに
『なんだ、その言い方はっ!』と南の人は言いました。
大人ではないですね。精神病かも?
Posted by ふにゃ夫 at 2006年10月16日 13:05
 はい勿論存じ上げております。金槌特攻隊と返すのも如何かと思い、真面目にご返事差し上げました。(^_-)-☆
 金王朝はどう見ても、5年程度の範囲でしょう。
 そこに至るまでに大きな混乱、それは恐らく内外共に無いだろうと思います。
 その間五カ国がどのようにそれぞれの利益を確保するか、そうした事でしょう。
 無論六カ国の「人民」はいいように踊らされるだけですが。
 まず、おかんそしてにゃんこちゃん、それがふにゃ夫さんの守るべき原点、そこを大事にお考え下さい。
Posted by じゅん at 2006年10月16日 19:56
そうなんですよ!

にゃんこたん達を守るのが最優先事項です。
おかんより、彼女より!!
にゃんがいないと生きて行けない!(´д`)

それにしても、どう決着するのですかね?
金君、トボトボと中国へ亡命…
融和路線の誰ぞが頂点へ…
と、いう事は南北統一…
より、いっそうの反日感情…

と、ならないですか?
Posted by ふにゃ夫 at 2006年10月17日 01:55
http://kuroki-rin.cocolog-nifty.com/heaven_or_hell/
こちらも興味深い方です。
 政治が煽らなければ、ナショナリズムは沈静化します。まず身近の宝物を守る、誰もがそうすれば平和です(#^.^#)
Posted by じゅん at 2006年10月17日 04:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

アイ ドント アグリー
Excerpt: あんたが良い者だっていうのかい?でもあんたは悪者みたいだと評判だよ。ああ、俺は同意するつもりはない。あんたのやり口は俺には我慢出来ないぜ。(ザ・ストラングラーズ:アルバム「ノーフォークコースト」よりI..
Weblog: Heaven or Hell?
Tracked: 2006-10-15 15:28

国連安保理 対北制裁決議を採択
Excerpt: 国連安保理、対北制裁決議を採択(読売新聞) - goo ニュース 北朝鮮が核実験を強行した事に対応する国連安保理の制裁決議が15日未明採択された 直前の1日は中ロによる船舶臨検に対する文言をより穏や..
Weblog: 王様の耳はロバの耳
Tracked: 2006-10-15 20:54
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。