2006年10月16日

携帯ブログを視野に

 最近携帯専用では無いが、対応のローカルブログを使っている。 このSeeSaaも対応ではあるし、その機能もまあ揃ってはいるのだが。
 ローカル限定?で余り荒れておらず、登録者も少ないせいか軽い。それが何より有り難い。
 そこで気づいたのは、携帯のみでの開設者のとても多いこと。 そして堅い?エントリーの極めて少ないこと。 記事全体が、短いものが多いことだ。
 反格差社会でも反安倍でも良いのだが、そうした声を携帯ブログの世界にどう拡げて行くか?それはもっと意識的に考えられて良いことだろ。
 どなたか、携帯専用サイトを始められたのを、拝見したが。
 手際よく良く纏めたエントリーを、画像、バナーなど機種依存で表示しにくいものを余り使わずに、少々の反復があっても流してゆく。
 そうしたことを試みてはどうだろうか?
 安倍晋三が、幼少期「安保反対」のデモの真似を岸信介の前でし、母親にたしなめられたとは、よく言っていることだ。
 このように学習とは、反復以外の何ものでもない。マスコミにあれこれ、無論それに意味もありはするのだが、抗する発信の量自体をもっと大きく増して行かなくては。
 
posted by じゅん at 09:52| Comment(2) | TrackBack(1) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
え〜…じゅん様、文句をいうわけではありませんが、こちらのブログ…何かトキドキですが、固まるのですがぁ?
Posted by ふにゃ夫 at 2006年10月19日 00:56
読心ブログです(笑)ここのseesaaの調子がイマイチのようです<_o_>
Posted by じゅん at 2006年10月19日 09:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ローコストな社会運動装置としてのウェブログ
Excerpt: ■この日記では、さまざまな政治性がとりあげられ、リンクさきやトラックバックさきは、あきらかに政治運動と直結したものがある。■しかし、その一方で、「読者を啓発しようとか、なにか運動を組織しようなどといっ..
Weblog: タカマサのきまぐれ時評
Tracked: 2007-01-06 01:37