2006年10月19日

国民の生命財産を守る

 昨日の党首討論で、安倍首相はそう見得を切った。
 核の傘、PAC3、SAM3で。と言う積もりなのだろう。
 しかし傘の下には韓国も入ってはいまいか。38度線以北の地上軍は常にソウル周辺の壊滅が可能だとの指摘は多い。 それでも傘は開けるのだろうか。
 PAC3、SAM3は実用兵器の水準に達していない、配備を急いでも早くとも来年以降。
 制裁決議は宣戦布告と彼等は言う。 今振りまかれる脅威、有事の幻想はCBR兵器での日本攻撃の恐怖(笑)。
 外敵を見立て統合を図るのは、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)のアメリカ帝国主義の包囲網の論理とうり二つ。
  境界領土紛争、日本への武力侵攻をひたすら待ち続ける政府与党愛国者の群れ。ありもしないのに。
 加工貿易で成り立つ日本に、どんな領土的価値があるだろうか。現存する産業活動を無傷のまま残しての支配、そうでなくては何の意味もない。
 そしてそれこそが現在の日米関係では無かろうか?
 むしろ日本侵略は解放かも知れない(笑)。
 子供の水鉄砲を脅して取り上げようとするのと変わらぬ、国際社会の結束の名分。
 靖国参拝を東西の外圧で封印された自公政権には、残敵金正日のありはしない暴発に期待を託するしか、自己正当化の道が無いのだ。
posted by じゅん at 04:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 政治 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この話題が去った頃、彼は何で見えを切るのでしょうね。情報消費社会の手のひら返しに、おびえているのではないでしょうか。
Posted by nori_px at 2006年10月19日 06:02
規範で晩ご飯くらいは言うのでは無いでしょうか?
座布団の無理は承知しております。
Posted by じゅん at 2006年10月19日 09:35
私は少々、株をしているのですが、北のせいで下降気味です。

やはり海外の大口投資家さんから、極東は不安定だという事で、売られてしまうそうです。

早く落ち着いてほすぃ〜。
Posted by ふにゃ夫 at 2006年10月20日 00:21
信条には反するのですが、お友達なので辻占を(笑)今後長期的には軍需関連は堅調が続くでしょう。
Posted by じゅん at 2006年10月20日 21:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。