2006年10月20日

 篠原静流君への回答

 貴君よりの公開質問状ここに回答します。
 本来必要を認めるものではありませんが、連絡の有り様を諒として特に答えます。 貴君は「反日ブログ監視所」と言う無意味な修辞を敢えてした時点で、対論者として当事者性を自ら放棄したのです。
 2サイトであげつらった方々に、その印象を率直かつ礼節を持して伺うべきでしょう。
 「アンテナ」管理者からの通告を真摯に受け止めることを望みます。
 思想の左右で弁別する立場はとりませんが、きみの「活動」はその埒外です。
 まだ若い君が、歩むべき道に立ち戻った日に、未来への建設的な対話のあることを期待しています。
posted by じゅん at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。