2007年01月17日

韓国ドキュメンタリー映画祭  <2月10日(土) / 東京・池袋>

 情報流通byヤメ記者弁護士さんより転載

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

         韓国ドキュメンタリー映画祭

          伝える、ひらく、変える
        ―市民の独立映像が動かす韓国社会―

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■□  <2月10日(土) / 東京・池袋>   □■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
―社会を変革する映像の可能性の模索として―

かつてのフェミニズム運動や環境保護運動同様、これからの社会運動としてのメディア・ムーブメントの可能性を知り、市民が制作する映像の力による社会の活性化を模索するための、「韓国ドキュメンタリー映画祭『伝える・ひらく・変えるー市民の独立映像が動かす韓国社会』」を開催いたします。

韓国では、市民がインターネットを通じ情報を発信し、大手メディアの報道にも負けず劣らず国民の世論を支えております。また、映像制作も専門家からの発信にとどまらず、様々な課題に取り組む当事者自らが映像を制作し、メディアを通じて社会に広く伝えていく仕組みが存在しています。そしてそのような仕組みそのものが、韓国映像の真の力が存在する場でもあることを紹介したいと考えております。わたしたちも同様に、映像のニュースを受けるだけでなく、一般市民・労働者・学生・女性・障害者・外国人・様々なマイノリティなど、社会に生きる誰もが映像を制作し、伝えていくことが大切だと考えています。

今回の映画祭では、映像を見るだけでなく、どのような問題意識で誰が映像をつくり、その映像で社会がどう変化していったのかということに焦点を当てた企画となっております。「女性」「移住労働者」「障害者」の三つの分野をテーマにした映画上映とともに、各分野で映像運動に取り組んでいる監督を招聘して日韓共同のワークショップを開き、将来的には日本・韓国の映像メディア運動の連携を目指しています。

みなさんのご参加を心よりお待ちしております!

*********************************************************************
    ☆映画祭ブログ☆
      http://asiamediacenter.blogspot.com/
*********************************************************************

  ◆日時 2月10日(土) 9:30〜 (開場9:00)

  ◆会場 豊島区民センター音楽室 (5F)
        *所在:東京都豊島区東池袋1-20-10
        *交通:池袋駅東口徒歩5分

    ▽会場周辺の地図は、下記URLをご参照ください。
         http://www.city.toshima.tokyo.jp/map/map/d_2.html

  ◆資料代 1,500円 (前売り1,300円)
           *終日出入り自由・ワークショップ参加費込み

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 <プログラム>

 ■第一部■ <全体上映>
 9:30−  『あんにょん・サヨナラ』
        (107分2005年 監督 キム・テイル 共同監督 加藤久美子)
        終了後、出演者イ・ヒジャ&古川雅基トーク
 12:00− 『テチュリ村の戦争』
        (40分 2006年 監督 ジョン・イルゴン)
        終了後 韓国米軍基地問題報告

 ■第二部■ <テーマ上映>
 13:00− 【移住労働者問題】   『続く』
        (74分 2004年 監督 ジュ・ヒョンスク)
        終了後 ジュ・ヒョンスク監督トーク
 14:30− 【女性労働者問題】   『塩(ソグム)』
        (54分 2003年 監督 パク・ジョンスク)
        終了後 パク・ジョンスク監督トーク
 15:40− 【障害者問題】   『バスに乗ろう!』
        (53分 2002年 監督 パク・ジョンピル)
        終了後 パク・ジョンピル監督トーク
 (第二部終了 16:45)

 ■第二部■ <テーマ別ワークショップ>
 17:30−19:30 
         A 移住労働者 ジュ・ヒョンスク監督
         B 女性労働者 パク・ジョンスク監督
         C 障害者 パク・ジョンピル監督
         (※ご希望のテーマの分科会にご参加ください。)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――


--------------------------------------------------------------------
◇韓国ドキュメンタリー映画祭
  『伝える、ひらく、変える ―市民の独立映像が動かす韓国社会―』
                         を応援してください!◇
・団体賛同: 一口 10,000円
・個人賛同: 一口  2,000円
  (個人賛同のかたは、当日入場割引1000円)

◆賛同していただける団体・個人は郵便振替口座にご入金の上、
FAXまたはEメールでのご連絡をお願いします。◆
・郵便振替口座番号: 00100−6−355971
・郵便振替口座名称: アジアメディアセンター準備会
  (通信欄に、「韓国ドキュメンタリー映画祭」とご記入ください。)
--------------------------------------------------------------------
★ボランティアスタッフ募集中!★
  宣伝、HP作成、受付、通訳・翻訳、その他いろいろなお仕事があります。
  下記連絡先までご連絡ください。
--------------------------------------------------------------------


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
<上映作品紹介>

◇『あんにょん・サヨナラ』
(107分2005年 監督 キム・テイル 共同監督 加藤久美子)
イ・ヒジャの父はアジア太平洋戦争中に日本軍に徴用され、中国で戦死した。日本政府から、父について何の通知もなく、彼女が父の死の詳細を知るのは90年代に入ってからのこと。その上、父は遺族の知らないうちに靖国神社に合祀されていた。父の命日に、父が死んだ場所へと旅するイ・ヒジャを追い、在韓遺族にとっての合祀の意味を問う。墓石にアボジの名前を彫れるその日まで―
イ・ヒジャの願いを共に叶えようとする日本の友人の姿は、イ・ヒジャの旅に新たな意味をもたらした。

◇『テチュリ村の戦争』
(40分 2006年 監督 ジョン・イルゴン)
韓国のピョンテク基地問題は、米韓両国が、駐韓米軍再編計画により全国14箇所の米軍基地を大部分統廃合して、中国に近い、ソウルの南沿岸に位置するピョンテク地域への移転を決定したことから発生した。移転敷地の米軍基地面積は、計画によると現在のなんと3倍近くに拡張される。村では立ち退き補償、都市生活への誘惑で雰囲気が乱れる中、マスコミと人々の無関心にも関わらず、土地と生命を守ろうと、テチュリ小学校を拠点に阻止運動が展開されるが・・・米軍基地拡張反対住民たちの1年を追った映像。

◇『続く』
(74分 2004年 監督 ジュ・ヒョンスク) 【移住労働者問題】
韓国で不法滞在者として長年暮らしてきた移住労働者。韓国政府はその境遇を改善するといい雇用許可制法を作ったが、その法はむしろ移住労働者たちを更なる暗い現実に追いやり死に至らせるのであった。苦痛を訴えるため千人余の移住労働者たちが集まり、全国で座り込みを始める。しかし彼らの行為を不法とみなした韓国政府は容易には変わらない。現実は恐ろしく続く。ある移住労働者を母国バングラディッシュまで追い、現地での撮影・インタビューも交え、移住労働者を取り巻く現実を掘り下げて伝えた作品。

◇『塩(ソグム)』
(54分 2003年 監督 パク・ジョンスク)【女性労働者問題】
韓国では地下鉄・鉄道で働く多くの女性が、劣悪な条件化での労働を強いられている。体調不良や家族の不調があっても休めないシフトが組まれ、更なる体調悪化へとつながり、悪循環になっている。流産経験者も多い。また、女性には不向きな重労働に従事せねばならない部署に配属になる場合も。ある女性は問題を訴えたところ、転勤を命じられ、長距離通勤を余儀なくされた。そんな女性たちが立ち上がり、労働組合を組織して労働環境の改善を訴える。

◇『バスに乗ろう!』
(53分 2002年 監督 パク・ジョンピル)【障害者問題】
「安全で便利に移動したい」という要求のために 1年以上続いている障害者移動権の闘いの記録。車椅子で移動する人びとに対して、全く配慮のない公共交通と他の乗客。そして相次ぐ車椅子用リフトの故障や事故。人間として生きていくのに一番基本的な要求をするために、車椅子生活者はバスを占拠して、ソウルの中心で梯子と鎖に全身を縛って闘争。国家人権委員会で命をかけたハンストまで行う。彼らの決死の、そして粘り強い交渉の行方は・・・[障害者移動権連帯]の闘いの報告書。


――――――――――<来日監督紹介>――――――――――
・ジュ・ヒョンスク監督 Hyunsook JOO
1972年生まれ。代表作:16ミリ独立映画「食堂についている一部屋」(1995)、「83人の人質」(2002)、移住労働者プロジェクト「旅情:移住」(2003)。

・パク・ジョンスク監督 Jeongsuk PARK
労働者映像事業団「希望」主催。代表作:「腰痛、あなたは安全ですか」(1997)、「垣根の中の職業病、垣根の外の公害病」(1998)、「平行線」(2000)、「死のトンネルの中へ」(2002)

・パク・ジョンピル監督 Jongpil PARK
1968年生まれ。ドキュイン所属。代表作:「IMF韓国、その1年の記録−失業野宿者」(1998)、「終わらない闘いーエバダ」(1999)、「エバダ闘争6年―日の下のすべてのこれらの平等のために」(2002)、「ノドゥル・パラム」(2003)


――――――――――――――――――――――――――――
◆◇主催:協同センター・労働情報/平和フォーラム
        /「あんにょん・サヨナラ」上映委員会◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
連絡先 ◆アジアメディアセンター準備会◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〒111−0005
東京都台東区上野1−1−12新広小路ビル4階 
「協同センター・労働情報」内
TEL&FAX:03−3835−3747
E-mail: asia_media_center@yahoo.co.jp
Blog: http://asiamediacenter.blogspot.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━







posted by じゅん at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 転載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。