2007年01月25日

原発ごみ最終処分場

高知県東洋町の田嶋裕起町長は、

高レベル放射性廃棄物最終処分場についての文献調査に応募。

文献「調査」に応募しただけで、最低1億円。

さらに四年間の概要調査でも年2,5億円の交付金。

町長はこれが欲しいと考えたのだ。

町議10人中6人は反対。

日本国内で、高レベル放射性廃棄物最終処分場として適当な安定地盤は無い!!
posted by じゅん at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。