2007年03月28日

スリーマイルアイランド原発事故 1979年の今日

原子炉本体が溶けだしてしまう寸前の、大事故!チェルノブイリ原発事故迄、史上最悪の核災害と言われた。当時日本ではアメリカは運転管理の水準が低いと自慢タラタラだったが、最近ばれた臨界事故を見れば???そしてまだ周辺住民は後遺症に悩んでいる。

今度明らかになった臨界事故でも、もっと多くの制御棒が完全に抜けていたら、蓋を開けた原子炉は手の付けられない状態になったろう。

能登半島地震では志賀原発の炉心に水銀灯の破片が落下!


地震が直撃しなかったのは幸運な偶然。それでも想定外の規模だと、電力会社は平然と言う。

地震列島日本に原発、核施設の適地は無い!


だから僻地が押し付けられる!!


被災地は今日は雨らしい、二次被害の無い事を!!
posted by じゅん at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。