2007年03月29日

戦犯合祀、日本政府が積極的に関与

これに関連し、安倍晋三首相は29日、「問題ないと思う。合祀を行ったのは神社で、厚生省は情報を提供しただけ」と述べた。


「一宗教法人」=これがこの間の、靖国神社に対する見解だ。

それに対して、厚生省が情報提供する、それは問題だ!

ならば安倍晋三に聞こうではないか、他の宗教法人にに対して、そうした情報提供は何故されなかったのか?と。憲法を嫌いだから、知らない総理大臣!!

日本国憲法 第3 章第20条

1. 信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権   を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。
2. 何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。
3. 国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。
posted by じゅん at 22:28| Comment(2) | TrackBack(1) | 政治 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
旧厚生省の引き揚げ援護部門は、旧軍関係者だった、というのは、政治の場に居るものなら、常識であってほしいのですが、彼らにそれを求めるのは、八百屋に魚を求めるが如き。。。
Posted by nori_px at 2007年03月30日 22:42
確認の文書資料の公刊の意味しか無いのですが、何故今$OVですね。
財界から安倍へのメッセージ…?
Posted by じゅん at 2007年03月30日 22:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

安倍晋三は日本語が理解出来ないらしい。┐('~`;)┌ 〜戦犯合祀へ国が関与〜
Excerpt: 戦犯合祀への国関与「問題ない」=靖国問題で安倍首相見解(時事通信)には耳を疑いました。安倍晋三という男は日本語が理解出来ないらしい・・。┐('~`;)┌== ここから転載 ========..
Weblog: ザ・のじじズム
Tracked: 2007-03-30 01:22
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。