2007年05月19日

(^_-)-☆地球平面協会

地図.jpgイギリスに本部を置く、地球平面協会は、今も地球は平面であると、真面目に主張している。

この度日本は国家として初の名誉ある、
正会員となった。

これにより、米国に向かう可能性がある弾道ミサイルが日本上空を飛ぶ事の科学的証明が出来るとしている。



安倍首相の私的懇談会が集団的自衛権に関する議論開始。自衛隊の国際活動拡充などのため9条の解釈見直しを検討。(毎日)

これはニュース以前だ。地図好きなら小学生さえ気付く嘘を!!首相が堂々と?


日本上空を飛ぶミサイルは無い!!地球儀で見れば直ぐ分かる大嘘!!

下に貼った四類型、そのうちどんな仮定をしても<2>はあり得ない。
画像に赤線で示したのが、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の、アメリカまで到達可能な弾道ミサイルが、存在した場合の飛行経路だ。
これも概念図に近いので、正確迄では無いが、日本をかすめてもいない。より正確には赤線は更に、左下がりとなり、

絶対に日本上空を飛ぶ!こうしたことはあり得ない。

1998年のテポドン1号ミサイルの飛行経路が日本上空とされ、国内に強い印象を残した事を利用した、不快なおとぎ話でしかない。


首相が検討を求めた4類型は、
<1>日米が公海上で共同訓練中などに米艦船が攻撃された場合に自衛隊艦船が反撃する
<2>米国に向かう可能性がある弾道ミサイルを、日本のミサイル防衛(MD)システムで迎撃する
<3>国連平和維持活動(PKO)などで、他国部隊が攻撃された際に自衛隊が駆けつけて反撃する
<4>武力行使と一体化せず、外国軍隊に補給、輸送などの後方支援を行う
posted by じゅん at 14:18| Comment(0) | TrackBack(1) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

読売新聞の特集「憲法改正への道」で9条を変える理由がないことが明白に!
Excerpt:  読売新聞が、「憲法改正への道」と題した連載をしているが、そのうちの「国民投票法成立」の「下」(5月17日付朝刊)で書いてあることから、9条改訂の必要がないことがはっきりした。  同紙は、9条改訂の..
Weblog: 情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士
Tracked: 2007-05-20 12:27