2007年05月31日

(^O^)/アベイリュージョン

【雑な議論★雑な報道】

年金についての全ての時効を、ならば「年金時効撤廃特例法案」は、現在の混乱対策にまず必要だろう。


だか、「社保庁改革関連法案」は、このまま強行採決させるべきではない。

五千万件の数字だけが一人歩きで、内訳かまるで解らない。
加入期間別、年齢別、そうした詳細が不明では、対策の立てようがないだろう。
その議論も報道も丸でない。
ただ漠然とした年金の将来への不安だけが、結果として煽られる。

これで改革の出来る訳がない。社保庁と年金をどうするか?最初に戻って考えるべきだろう。

【見えている結果】

強行採決で成立。消えた支払い記録は、参院選予測次第で、最大、証明無しで年金支払いの善政?のバラマキ、が着地点だろう。

いま、安倍の言う第三者機関によるは、それまでの時間稼ぎ。

松岡自殺ど浮力を増し、労組潰しが目的の社保庁改革?で、まためくらまし。
狙いは改憲の為の議席増
posted by じゅん at 18:05| Comment(0) | TrackBack(1) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43484111
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

まだ1/3が支持しているという不可思議 〜安倍内閣支持率急降下〜
Excerpt: 内閣支持率、35%に急落 安倍政権発足以来、最低に(共同通信)というニュースが流れていましたが、こんな無茶苦茶な安倍晋三を未だ三分の一以上の国民が支持しているというのが不思議でなりません..
Weblog: ザ・のじじズム
Tracked: 2007-06-03 00:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。