2007年06月11日

暫く………

多忙の

更新を休止致します。

ご訪問下さった皆様には

心より、お詫び致します。m(._.)m
posted by じゅん at 10:14| Comment(4) | TrackBack(18) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月02日

素人に三日で家を

建てろ。

それは無理な相談と言うもだ。時間さえあれば誰にでも出来るのだが。
安い日当で、三日間に無理な判断を無理じいするより、常識ある裁判官養成では無いだろうか。

先入観にとらわれない判断に欠かせない、冷静公平な報道が無い現状では、無理があり過ぎる。
 
例えば………
出生届不受理の子に東京地裁が世田谷区に住民票作成命令 


この判決に付いての、毎日新聞の記事は、判決理由をキチンと伝え、良い。
 ヒラメばかりの東京地裁にも、こうしたまともな判事がいることを喜びたい。
 ところが、29日の各紙報道で、最高裁第3小法廷は、
何と!!
 警察の偽名領収書を!!
 「犯罪捜査に支障が出る恐れのある情報」に当たると判断、滋賀県警が情報提供者に謝礼として支払った捜査報償費の公開請求を却下した。
 こうして作られた裏金が、幹部の私的飲食に使われているのは、周知のことなのに。

 これが、悲しく情けない、最高裁判所。法の番人なのだ。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070531-00000118-mai-soci
<住民票>東京地裁が世田谷区に作成命令 出生届不受理の子

5月31日20時31分配信 毎日新聞

 出生届が受理されなかった子について、住民票を作成すべきかどうかが争われた訴訟で、東京地裁は31日、東京都世田谷区に住民票作成を命じる判決を言い渡した。大門匡(たすく)裁判長は「将来的には、選挙人名簿への未登録など重大な問題になる」と指摘し、「住民票を作成しないのは違法」と認定した。
 出生届の不受理により戸籍がない子の住民票作成を命じた初の司法判断。判決は「離婚後300日以内に生まれた子は前夫の子」と推定する民法772条の規定により、無戸籍となっている子供たちにも影響を与えそうだ。
 訴えていたのは、同区の介護福祉士、菅原和之さん(42)夫妻と次女(2)。婚姻届を出していない事実婚の菅原さん夫妻は、次女を「嫡出でない子」として届け出ることを拒み、出生届の「父母との続き柄」欄に何も書かずに提出したところ、区は不受理とした。菅原さんは区に次女の住民票作成を求めたが、出生届不受理を理由に受け入れられず、昨年6月に提訴した。
 判決は「出生届の受理を待って住民票を作成するのが原則」としつつも、住民票がないことによる不利益を考慮して、記載内容の正確性を容易に確認でき身分も安定している場合は、住民票を作成すべきだと判断した。
 菅原さんの次女については「幼稚園入園や就学で個別の申請や証明書が必要となるなど、日常生活の不利益の蓄積は見過ごせない」と指摘。続き柄欄以外は出生届に不備はなく、「世田谷区が事情を考慮せず形式的に住民票を作成しなかったのは裁量権の逸脱」と認定した。
 菅原さんらは40万円の損害賠償も求めたが、判決は「区に注意義務違反はない」と退けた。
 旧自治省は89年、「出生届受理や戸籍の作成を待って、住民票を作るべきだ」との見解を全国の自治体に通知。これに基づき世田谷区は住民票を作成しなかったが、独自の判断で住民票を作成している自治体もある。【北村和巳】
 ▽新保信・世田谷区地域窓口調整課長の話 判決内容の詳細を見て、今後の対応を判断したい。
 ◇「判決は大きな前進」
 判決後、菅原さんは東京・霞が関の司法記者クラブで会見し「大変ほっとした。次女は2年間、戸籍も住民票もなかった。交渉や行政への異議申し立てでは解決できず、裁判が最後の手段だった」と明るい表情を見せ、「世田谷区が判決を受け入れ、住民票を作成するよう求めていく」と語った。
 菅原さんは、女性が男性の戸籍に入り姓が変わるのは平等でないと考え事実婚を選んだ。次女を「嫡出でない子」として届け出るのを拒んだのは、「生まれて最初の公的書類で、親が子を差別することになりかねない」との思いからだった。受理を求め最高裁まで争ったが、届け出の要件を満たしていないと退けられた。
 次女は児童手当や乳幼児医療費の支給は受けているが、住民票がないため別の申請が必要で支給が遅れた。予防接種は、手続きが1年半以上かかって公費で受けられなかったものもあった。
 判決には、非嫡出子(婚外子)を差別する現行制度への判断も望んだが、言及はなかった。だが、菅原さんは「判決は大きな前進。戸籍のない子も住民サービスを受けられるよう、各自治体が判決に従ってくれれば」と語った。【北村和巳】
 ◇行政は実態把握を
 訴訟は、「嫡出子」「非嫡出子」との区別を親が拒んだために戸籍や住民票のない子供が存在することも明らかにした。「離婚後300日以内に生まれた子は前夫の子」と推定する民法772条をめぐっては、「前夫の子」との戸籍への記載を拒んで子供が無戸籍となっている。事情や背景は異なるが、判決は、子供の救済を最優先に考えたものだ。
 離婚後300日規定をめぐっては、東京都足立区が今年2月、住民基本台帳法が「職権で事実関係を確認のうえ住民票を作れる」旨を規定しているとして、無戸籍となる子供を職員が自宅を訪問するなどして、住民票を作成した。
 ただ、これはあくまでも例外で、当事者からは「自治体によって差がある」との批判もある。総務省は「(住民基本台帳法に)住民票の作成を禁止する条件などは明記していない」として静観しているが、住民票が作成されないために子供が受ける不利益は大きい。
 戸籍や住民票がない子供の数については、300日規定をめぐる法務省の実態調査でも「把握する手だてがない」とされ、どれだけいるのかは未知数で、その事情もさまざまだ。実態がつかめない現状では、無戸籍児についての一律対応は容易ではない。判決は、自治体が子供の利益を守ることを第一に、それぞれのケースについて柔軟な対応を図っていくことを求めたものと言える。【工藤哲】



http://news.www.infoseek.co.jp/kyodo/society/story/29kyodo2007052901000593/
最高裁、偽名領収書開示認めず 滋賀県警が逆転勝訴 (共同通信)

 滋賀県警が情報提供者に謝礼として支払った捜査報償費をめぐり、個人が特定されないよう住所や氏名を変えた領収書の情報公開の是非をめぐる訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷は29日、開示を命じた2審判決を破棄し、住民側の請求を退けた。堀籠幸男裁判長は県条例で非開示が認められている「犯罪捜査に支障が出る恐れのある情報」に当たると判断した。原告は滋賀県市民オンブズマン代表の浅井秀明さん。
posted by じゅん at 13:59| Comment(0) | TrackBack(4) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出生届不受理の 住民票作成命令 東京地裁

 この判決に付いての、毎日新聞の記事は、判決理由をキチンと伝え、良い。
 ヒラメばかりの東京地裁にも、こうしたまともな判事がいることを喜びたい。
 ところが、29の報道で、最高裁第3小法廷は、
何と!!
 警察の偽名領収書を!!
 「犯罪捜査に支障が出る恐れのある情報」に当たると判断、滋賀県警が情報提供者に謝礼として支払った捜査報償費の公開請求を却下した。
 こうして作られた裏金が、幹部の私的飲食に使われているのは、周知のことなのに。

 これが、悲しく情けない、最高裁判所。法の番人なのだ。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070531-00000118-mai-soci
<住民票>東京地裁が世田谷区に作成命令 出生届不受理の子

5月31日20時31分配信 毎日新聞

 出生届が受理されなかった子について、住民票を作成すべきかどうかが争われた訴訟で、東京地裁は31日、東京都世田谷区に住民票作成を命じる判決を言い渡した。大門匡(たすく)裁判長は「将来的には、選挙人名簿への未登録など重大な問題になる」と指摘し、「住民票を作成しないのは違法」と認定した。
 出生届の不受理により戸籍がない子の住民票作成を命じた初の司法判断。判決は「離婚後300日以内に生まれた子は前夫の子」と推定する民法772条の規定により、無戸籍となっている子供たちにも影響を与えそうだ。
 訴えていたのは、同区の介護福祉士、菅原和之さん(42)夫妻と次女(2)。婚姻届を出していない事実婚の菅原さん夫妻は、次女を「嫡出でない子」として届け出ることを拒み、出生届の「父母との続き柄」欄に何も書かずに提出したところ、区は不受理とした。菅原さんは区に次女の住民票作成を求めたが、出生届不受理を理由に受け入れられず、昨年6月に提訴した。
 判決は「出生届の受理を待って住民票を作成するのが原則」としつつも、住民票がないことによる不利益を考慮して、記載内容の正確性を容易に確認でき身分も安定している場合は、住民票を作成すべきだと判断した。
 菅原さんの次女については「幼稚園入園や就学で個別の申請や証明書が必要となるなど、日常生活の不利益の蓄積は見過ごせない」と指摘。続き柄欄以外は出生届に不備はなく、「世田谷区が事情を考慮せず形式的に住民票を作成しなかったのは裁量権の逸脱」と認定した。
 菅原さんらは40万円の損害賠償も求めたが、判決は「区に注意義務違反はない」と退けた。
 旧自治省は89年、「出生届受理や戸籍の作成を待って、住民票を作るべきだ」との見解を全国の自治体に通知。これに基づき世田谷区は住民票を作成しなかったが、独自の判断で住民票を作成している自治体もある。【北村和巳】
 ▽新保信・世田谷区地域窓口調整課長の話 判決内容の詳細を見て、今後の対応を判断したい。
 ◇「判決は大きな前進」
 判決後、菅原さんは東京・霞が関の司法記者クラブで会見し「大変ほっとした。次女は2年間、戸籍も住民票もなかった。交渉や行政への異議申し立てでは解決できず、裁判が最後の手段だった」と明るい表情を見せ、「世田谷区が判決を受け入れ、住民票を作成するよう求めていく」と語った。
 菅原さんは、女性が男性の戸籍に入り姓が変わるのは平等でないと考え事実婚を選んだ。次女を「嫡出でない子」として届け出るのを拒んだのは、「生まれて最初の公的書類で、親が子を差別することになりかねない」との思いからだった。受理を求め最高裁まで争ったが、届け出の要件を満たしていないと退けられた。
 次女は児童手当や乳幼児医療費の支給は受けているが、住民票がないため別の申請が必要で支給が遅れた。予防接種は、手続きが1年半以上かかって公費で受けられなかったものもあった。
 判決には、非嫡出子(婚外子)を差別する現行制度への判断も望んだが、言及はなかった。だが、菅原さんは「判決は大きな前進。戸籍のない子も住民サービスを受けられるよう、各自治体が判決に従ってくれれば」と語った。【北村和巳】
 ◇行政は実態把握を
 訴訟は、「嫡出子」「非嫡出子」との区別を親が拒んだために戸籍や住民票のない子供が存在することも明らかにした。「離婚後300日以内に生まれた子は前夫の子」と推定する民法772条をめぐっては、「前夫の子」との戸籍への記載を拒んで子供が無戸籍となっている。事情や背景は異なるが、判決は、子供の救済を最優先に考えたものだ。
 離婚後300日規定をめぐっては、東京都足立区が今年2月、住民基本台帳法が「職権で事実関係を確認のうえ住民票を作れる」旨を規定しているとして、無戸籍となる子供を職員が自宅を訪問するなどして、住民票を作成した。
 ただ、これはあくまでも例外で、当事者からは「自治体によって差がある」との批判もある。総務省は「(住民基本台帳法に)住民票の作成を禁止する条件などは明記していない」として静観しているが、住民票が作成されないために子供が受ける不利益は大きい。
 戸籍や住民票がない子供の数については、300日規定をめぐる法務省の実態調査でも「把握する手だてがない」とされ、どれだけいるのかは未知数で、その事情もさまざまだ。実態がつかめない現状では、無戸籍児についての一律対応は容易ではない。判決は、自治体が子供の利益を守ることを第一に、それぞれのケースについて柔軟な対応を図っていくことを求めたものと言える。【工藤哲】



http://news.www.infoseek.co.jp/kyodo/society/story/29kyodo2007052901000593/
最高裁、偽名領収書開示認めず 滋賀県警が逆転勝訴 (共同通信)

 滋賀県警が情報提供者に謝礼として支払った捜査報償費をめぐり、個人が特定されないよう住所や氏名を変えた領収書の情報公開の是非をめぐる訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷は29日、開示を命じた2審判決を破棄し、住民側の請求を退けた。堀籠幸男裁判長は県条例で非開示が認められている「犯罪捜査に支障が出る恐れのある情報」に当たると判断した。原告は滋賀県市民オンブズマン代表の浅井秀明さん。
posted by じゅん at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

裁判員にされれば これでも死刑に……と 決めさせられる

守大助さんは無実です!

http://homepage2.nifty.com/daisuke_support/event3.htm
〜守大助さんのご両親を迎えて〜
 守大助さんを支援する湘南学習集会
6月12日(火)18:30〜
藤沢市民会館(神奈川県藤沢市)

守大助さんのご両親をお迎えし、
日本国民救援会藤沢支部と共催で学習・支援集会を行います。
ご両親のお話の他に、首都圏の会から事件の説明を行い、
またビデオ上映なども行います。

◆日時:6/12(火)18:30〜
◆場所:藤沢市民会館 第二会議室
神奈川県藤沢市鵠沼東8番1号(国道467沿い 県合同庁舎向い)
 藤沢駅(JR、小田急線、江ノ電)下車徒歩10分
◆参加費:無料(事前登録不要)
◆主催:日本国民救援会藤沢支部
無実の守大助さんを支援する首都圏の会(共催)
◆連絡先:藤沢市朝日町18−8 湘南合同法律事務所内
日本国民救援会藤沢支部 Tel:0466-25-3125

「無実の守大助さんを支援する首都圏の会」
 http://homepage2.nifty.com/daisuke_support/


守大助さんは無実です!

 准看護士の立場を利用して約20人の患者の点滴に筋弛緩剤を混入して殺害しようとした前代未聞の無差別凶悪殺人犯 - 2001年1月、守大助さんがこのようなセンセーショナルな報道とともに、殺人と殺人未遂の疑いで逮捕・起訴されてから6年余りが経ちました。逮捕当時のマスコミの犯人視報道の影響で、その後一部のメディアが冤罪説を報道したものの、大多数の一般市民にはこのような犯人視報道の記憶しかありません。
 ここでもう一度よく事件や裁判、そして守大助さんという人物について見つめてみてください。いかにずさんな捜査と裁判が行われてきたか、いかに守大助さんを犯人とすることが不自然であるかが見えてくるはずです。
 守大助さんは拘置所の中から6年間、真実が明らかになることを信じ、無実を訴え続けています。無実の青年に取り返しのつかない汚名を着せ、一生を滅茶苦茶にしてしまうことのないよう、彼と支援者の声に耳を傾け、支援活動にご協力ください。 守大助さんを支援する
湘南学習集会のお知らせ
6/12(火)にご両親をお迎えし神奈川県藤沢市で学習・支援集会を行います。→詳細
上告趣意書発売のお知らせ

宮城の「守大助さんを支援する会」から上告趣意書が発売されました! 冤罪の構図が非常にわかりやすく示されています。ぜひお買い求めください。当会でも扱っています。
最高裁は科学に基づいた正当な判決(無罪)を!
最高裁は弁護団の提示している科学的な疑問を慎重に審理し、事実と客観性に基づいた正当な判決を下してください。 http://homepage2.nifty.com/daisuke_support/event3.htm
〜守大助さんのご両親を迎えて〜
 守大助さんを支援する湘南学習集会
6月12日(火)18:30〜
藤沢市民会館(神奈川県藤沢市)

守大助さんのご両親をお迎えし、
日本国民救援会藤沢支部と共催で学習・支援集会を行います。
ご両親のお話の他に、首都圏の会から事件の説明を行い、
またビデオ上映なども行います。

◆日時:6/12(火)18:30〜
◆場所:藤沢市民会館 第二会議室
神奈川県藤沢市鵠沼東8番1号(国道467沿い 県合同庁舎向い)
 藤沢駅(JR、小田急線、江ノ電)下車徒歩10分
◆参加費:無料(事前登録不要)
◆主催:日本国民救援会藤沢支部
無実の守大助さんを支援する首都圏の会(共催)
◆連絡先:藤沢市朝日町18−8 湘南合同法律事務所内
日本国民救援会藤沢支部 Tel:0466-25-3125

「無実の守大助さんを支援する首都圏の会」
 http://homepage2.nifty.com/daisuke_support/


守大助さんは無実です!

 准看護士の立場を利用して約20人の患者の点滴に筋弛緩剤を混入して殺害しようとした前代未聞の無差別凶悪殺人犯 - 2001年1月、守大助さんがこのようなセンセーショナルな報道とともに、殺人と殺人未遂の疑いで逮捕・起訴されてから6年余りが経ちました。逮捕当時のマスコミの犯人視報道の影響で、その後一部のメディアが冤罪説を報道したものの、大多数の一般市民にはこのような犯人視報道の記憶しかありません。
 ここでもう一度よく事件や裁判、そして守大助さんという人物について見つめてみてください。いかにずさんな捜査と裁判が行われてきたか、いかに守大助さんを犯人とすることが不自然であるかが見えてくるはずです。
 守大助さんは拘置所の中から6年間、真実が明らかになることを信じ、無実を訴え続けています。無実の青年に取り返しのつかない汚名を着せ、一生を滅茶苦茶にしてしまうことのないよう、彼と支援者の声に耳を傾け、支援活動にご協力ください。 守大助さんを支援する
湘南学習集会のお知らせ
6/12(火)にご両親をお迎えし神奈川県藤沢市で学習・支援集会を行います。→詳細
上告趣意書発売のお知らせ

宮城の「守大助さんを支援する会」から上告趣意書が発売されました! 冤罪の構図が非常にわかりやすく示されています。ぜひお買い求めください。当会でも扱っています。
最高裁は科学に基づいた正当な判決(無罪)を!
最高裁は弁護団の提示している科学的な疑問を慎重に審理し、事実と客観性に基づいた正当な判決を下してください。
posted by じゅん at 10:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

守大助さんは無実です! 〜ご両親を迎えて〜 転載

 http://homepage2.nifty.com/daisuke_support/event3.htm
〜守大助さんのご両親を迎えて〜
 守大助さんを支援する湘南学習集会
6月12日(火)18:30〜
藤沢市民会館(神奈川県藤沢市)

守大助さんのご両親をお迎えし、
日本国民救援会藤沢支部と共催で学習・支援集会を行います。
ご両親のお話の他に、首都圏の会から事件の説明を行い、
またビデオ上映なども行います。

◆日時:6/12(火)18:30〜
◆場所:藤沢市民会館 第二会議室
神奈川県藤沢市鵠沼東8番1号(国道467沿い 県合同庁舎向い)
 藤沢駅(JR、小田急線、江ノ電)下車徒歩10分
◆参加費:無料(事前登録不要)
◆主催:日本国民救援会藤沢支部
無実の守大助さんを支援する首都圏の会(共催)
◆連絡先:藤沢市朝日町18−8 湘南合同法律事務所内
日本国民救援会藤沢支部 Tel:0466-25-3125

「無実の守大助さんを支援する首都圏の会」
 http://homepage2.nifty.com/daisuke_support/


守大助さんは無実です!

 准看護士の立場を利用して約20人の患者の点滴に筋弛緩剤を混入して殺害しようとした前代未聞の無差別凶悪殺人犯 - 2001年1月、守大助さんがこのようなセンセーショナルな報道とともに、殺人と殺人未遂の疑いで逮捕・起訴されてから6年余りが経ちました。逮捕当時のマスコミの犯人視報道の影響で、その後一部のメディアが冤罪説を報道したものの、大多数の一般市民にはこのような犯人視報道の記憶しかありません。
 ここでもう一度よく事件や裁判、そして守大助さんという人物について見つめてみてください。いかにずさんな捜査と裁判が行われてきたか、いかに守大助さんを犯人とすることが不自然であるかが見えてくるはずです。
 守大助さんは拘置所の中から6年間、真実が明らかになることを信じ、無実を訴え続けています。無実の青年に取り返しのつかない汚名を着せ、一生を滅茶苦茶にしてしまうことのないよう、彼と支援者の声に耳を傾け、支援活動にご協力ください。 守大助さんを支援する
湘南学習集会のお知らせ
6/12(火)にご両親をお迎えし神奈川県藤沢市で学習・支援集会を行います。→詳細
上告趣意書発売のお知らせ

宮城の「守大助さんを支援する会」から上告趣意書が発売されました! 冤罪の構図が非常にわかりやすく示されています。ぜひお買い求めください。当会でも扱っています。
最高裁は科学に基づいた正当な判決(無罪)を!
最高裁は弁護団の提示している科学的な疑問を慎重に審理し、事実と客観性に基づいた正当な判決を下してください。
posted by じゅん at 05:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月01日

有り得無い 日本有事 カタログ軍事マニアに解らぬ事

日本が外敵から攻撃受ける??これは有り得ない。
仮に誰かに意図があったとしても、得るものはあるか。
原料、市場を外に求め、食糧自給さえ放棄した日本にどんな値打ちが(^-^)

占領と支配は、イラクのアメリカ軍のように莫大な支出が必要だ。
混乱による社会基盤と工業生産力の破壊、失う市場と資源。
手にするものは何も無い。
軍事力だけで考えると、唯一能力を持つアメリカは、実質日本を半植民地としているから動機がない。

中ロ朝韓の周辺国に、渡洋能力が無い。

現実的脅威など実はないのだ。

いや、北のミサイル!金アニキがキレたら。
だからPABK3を……だろうか?
有り得ない(米朝は今後更に接近する)仮定で考えても、そうした日本へのアクションは、浜岡、福島原発が最良の目標で、東京周辺に価値はない。

そこにお飾りのミサイル!軍備が国を守る!と言いながら、多少は冷静に理解の出来ている証明だ。

安倍君は、アメリカに向かうミサイルを見過ごして……と言う。
短期遊学で覚えた、下手なアメリカンジョークで無ければ、彼の国籍審査が必要だ(笑)
まっ、植民地総督かも!!
アメリカに向けて…ならば「同盟国」日本には、その前に大量のプレゼント到来ではないか。
それをどうする(^_-)-☆
posted by じゅん at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛国偽装

日本が外敵から攻撃受ける??これは有り得ない。
仮に誰かに意図があったとしても、得るものはあるか。
原料、市場を外に求め、食糧自給さえ放棄した日本にどんな値打ちが(^-^)

占領と支配は、イラクのアメリカ軍のように莫大な支出が必要だ。
混乱による社会基盤と工業生産力の破壊、失う市場と資源。
手にするものは何も無い。
軍事力だけで考えると、唯一能力を持つアメリカは、実質日本を半植民地としているから動機がない。

中ロ朝韓の周辺国に、渡洋能力が無い。

現実的脅威など実はないのだ。

いや、北のミサイル!金アニキがキレたら。
だからPABK3を……だろうか?
有り得ない(米朝は今後更に接近する)仮定で考えても、そうした日本へのアクションは、浜岡、福島原発が最良の目標で、東京周辺に価値はない。

そこにお飾りのミサイル!軍備が国を守る!と言いながら、多少は冷静に理解の出来ている証明だ。

安倍君は、アメリカに向かうミサイルを見過ごして……と言う。
短期遊学で覚えた、下手なアメリカンジョークで無ければ、彼の国籍審査が必要だ(笑)
まっ、植民地総督かも!!
アメリカに向けて…ならば「同盟国」日本には、その前に大量のプレゼント到来ではないか。
それをどうする(^_-)-☆
posted by じゅん at 15:56| Comment(2) | TrackBack(1) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の冗談 渡辺喜美

行革担当大臣


「本人の実力と実績が評価されて、就職して、何処が悪いんですか」

今日の天下り禁止法審議で

ならば、キャリア官僚諸君もハローワークに列べば良い。

引く手あまたで就職が決まるはずた。

何の仕掛けも要らない!!
posted by じゅん at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

非道い

http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/161261ab833129f677e64e09e3b8894c より転載

この事件には驚いていましたが、今日じっくり訴訟書を読み、あまりの酷さに怒りと震えを感じました。
これが自衛隊内部の実情なんでしょうか。
女性自衛官に乱暴を働いておきながら、反省のひとかけらもなく、上司までがもみ消そうと画策し、揚句の果ては女性自衛官に対し、嫌がらせのパワハラをするなんて!

もし憲法改悪されればこんな自衛隊が外国に戦争に行き、人を殺し、現地の女性を平気でレイプするかもしれません。
考えただけでおぞましいことです。

しかも内部では上官の命令には直立不動で従わなければならないなんて、まるで旧日本軍のようです。


男社会の骨頂のような自衛隊。その中で働く女性の身の安全が脅かされるのはおぞましいことです。
加害者の32歳の男の泥酔した状態での破廉恥極まりない行為……その男の家族にとっても、これは耐えられないことだと思います。

21歳の若き女性自衛官が現役のまま訴訟を起こしたことに敬意を表します。

同じ女として、このような野蛮な行為は断じて許せません。
加害者は糾弾されるべきです。
そしてそれを隠蔽しようとした上司や原告に嫌がらせの暴言を吐いた上司も許せません。

女性自衛官さま、あなたの勇気と行動に敬意を送ります。
私は同じ女としてこのような卑劣な行為を見逃すわけにはいきません。
私は、あなたのお母さんぐらいの年代だと思います。
もし、自分の娘がと思うと、背筋が震えます。

この事実をみんなに広めます。そして悪の巣窟を叩かなければなりません。
どうぞ頑張ってくださいね、応援いたします。



●○北海道にお住まいの女性自衛官様●○
訴状を読ませて頂きました。

なんともむごい暴力でしょう。
今、こうして武力という暴力装置をもつ自衛隊の組織的暴力も明らかにされました。

強姦まがいの行為をした上司。それを黙認する男の組織。
上司による暴力は耐え難いものがあります。
同じ男として、謝りたい気持ちです。

国家賠償請求訴訟を提起した決断に、勝手ながら勇気づけられます。この訴えを大切にして、注視していきたいと思います。

お付き合いしている方との幸せをお祈りして。


女性自衛官の人権侵害について、励ましのメールを募集していましたので、励ましになるかどうか分かりませんが、コメントを一言述べさせていただきます。

 この事件については、新聞かテレビで一度だけ私の目に触れましたが、その後どうなったかは、あまり報道されていないようです。そのときの感想は、言われてみれば自衛隊でこういう事が起こってもおかしくないと思うけれど、今までは隠されてきたのだな、と思いました。女性自衛官が正義に基づいて提訴したことは、新鮮な出来事に写りました。

 自衛隊が米軍といっしょになって、人権侵害の片棒を担いでいるときだから、隊内での人権侵害は助長されるのではと、予測されます。もともと、自衛隊という組織は,上官の命令が絶対で、隊内での民主主義は無いのだから、今の人権尊重の日本国憲法の基では存在が危うい組織なのだと思っていました。

 ここで、人権侵害を止めさせるために勝利を目指して頑張ることは、自衛隊の変質をこれ以上許さないためにも、また、女性や権力をもたない立場の人の基本的人権を守るためにも、大切なことと思います。

 頑張っている女性自衛官を励まし、勝利を目指すために、私は署名を集めようと思います。お忙しいところ申し訳ないと思いますが、毛利さんの方で、『励ます会』でも何でもいいですから、署名用紙を作ってもらえないでしょうか? よろしくお願いします。


支援の動きが出てきました。嬉しいことです。

[AML 14088] Fw: 北海道・自衛官人権裁判 支援のお願い
http://list.jca.apc.org/public/aml/2007-May/013635.html

[AML 14114] 「女性自衛官の人権裁判」の第一回公判日程・東京報告会
http://list.jca.apc.org/public/aml/2007-May/013661.html


防衛省に抗議の声をあげてください
 ☆女性自衛官への不当な処遇をあらためるように。

☆防衛省 航空幕僚監部
eメール:infomod@mod.go.jp
電話:03-5366-3111(代表)
※ここが、トップなのですが、実際には下記にまわされるそうです。
〒162-8804 東京都新宿区市谷本村町5番地1号
防衛省 航空幕僚監部総務部 広報室
電話:03(3268)3111(代) 内線(60092〜95)





・連絡先:jinken07@hotmail.co.jp
・振込み口座:北洋銀行 北7条支店 普通 3859062
 「女性自衛官の人権裁判を支援する会」 
・ホームページ(現在制作中 6/3オープン予定):
http://jinken07.10.dtiblog.com/
posted by じゅん at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いじめ自殺をなくすために、大人が今できることは

香山リカさんと子どもの人権に取り組む弁護士らが討論するパネルディスカッション「子どものいじめ精神的被害と救済」〜いじめ自殺をなくすために、大人が今できることは〜が

2007年6月11日(月)、
東京・四谷にある「主婦会館 プラザエフ」
(東京都千代田区六番町15番。JR四ツ谷駅麹町口下車すぐ)で開催される。
開場午後6時半、開演午後7時。
参加費は、500円。
お問い合わせは、「かがやくひとみの会」
(03-5879-2351)まで。

 こどものいじめ問題に取り組んできている女性弁護士二人が、「心の病」に対して洞察を続け、社会に対して鋭い発言を続ける精神科医、香山リカさんと「今私たちにできること」を話し合うという内容。

 スペシャルゲストの香山リカさんは、コメンテーターとしておなじみの精神科医。鋭い視点からのお話が聞けそうだ。弁護士は、山田由紀子さんと杉浦ひとみさん。杉浦さんは、今夏参院選で立候補する予定であり、応援してみようと思う方は、ぜひ、足を運んで、杉浦さんに接してほしい。
posted by じゅん at 06:55| Comment(0) | TrackBack(1) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月31日

(?_?)アメリカ命

 立花隆も人がよい。あるいは著名なので、あからさまに書けないのかも知れない。この連載て少し前、小泉安倍の大学改革が、学問の基礎、哲学を亡ぼそうとしている、そう断じた記事は、良い。

http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tachibana/media/070529_shinsou/index.html
この記事で、「松岡コケたら、安倍もコケる」の小見出しで結果として見殺しと書くのだが。
 辞任の佐田、松岡、伊吹、柳沢などのボロ閣僚を取りそろえての内閣。余りにも愚かではないか。
 根拠を示せる訳が無いが、整理して考えるなら、彼等は当初よりサンドバッグ要員、弾道ミサイル「改憲」ブースターと見のが自然だ。

 この記事で、ぼくも昨日書いたが安倍首相が、
 
◇引用始め◇
この事件に関して、私がとんでもない発言だと思ったのは、安倍首相の次の一言である。

安倍首相の問題発言「ご本人の名誉のために申し上げておくが、『緑資源機構』に関して捜査当局が松岡農水相や関係者の取り調べを行っていたという事実もないし、これから取り調べを行う予定もないという発言があったと聞いている」

なぜこの発言がとんでもないのかといえば、これが、総理大臣による事実上の指揮権発動に近い発言と感じられるからだ。
◇引用終わり◇
 

この指摘は正しい。決して首相として許されない事。指示して知ったのでなく警察、検察が知らせたとしても同じだ。それをどうしてマスメディアは厳しく追及しないのか?

アメリカに向かって飛ぶミサイル?? 
その時には、より先に日本にではないか。
自国よりアメリカを守る!のが大事。

こんな安倍首相に政権担当の資格など一かけも無いのだ。
posted by じゅん at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

励ましメール

http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/161261ab833129f677e64e09e3b8894c より転載

この事件には驚いていましたが、今日じっくり訴訟書を読み、あまりの酷さに怒りと震えを感じました。
これが自衛隊内部の実情なんでしょうか。
女性自衛官に乱暴を働いておきながら、反省のひとかけらもなく、上司までがもみ消そうと画策し、揚句の果ては女性自衛官に対し、嫌がらせのパワハラをするなんて!

もし憲法改悪されればこんな自衛隊が外国に戦争に行き、人を殺し、現地の女性を平気でレイプするかもしれません。
考えただけでおぞましいことです。

しかも内部では上官の命令には直立不動で従わなければならないなんて、まるで旧日本軍のようです。


男社会の骨頂のような自衛隊。その中で働く女性の身の安全が脅かされるのはおぞましいことです。
加害者の32歳の男の泥酔した状態での破廉恥極まりない行為……その男の家族にとっても、これは耐えられないことだと思います。

21歳の若き女性自衛官が現役のまま訴訟を起こしたことに敬意を表します。

同じ女として、このような野蛮な行為は断じて許せません。
加害者は糾弾されるべきです。
そしてそれを隠蔽しようとした上司や原告に嫌がらせの暴言を吐いた上司も許せません。

女性自衛官さま、あなたの勇気と行動に敬意を送ります。
私は同じ女としてこのような卑劣な行為を見逃すわけにはいきません。
私は、あなたのお母さんぐらいの年代だと思います。
もし、自分の娘がと思うと、背筋が震えます。

この事実をみんなに広めます。そして悪の巣窟を叩かなければなりません。
どうぞ頑張ってくださいね、応援いたします。



●○北海道にお住まいの女性自衛官様●○
訴状を読ませて頂きました。

なんともむごい暴力でしょう。
今、こうして武力という暴力装置をもつ自衛隊の組織的暴力も明らかにされました。

強姦まがいの行為をした上司。それを黙認する男の組織。
上司による暴力は耐え難いものがあります。
同じ男として、謝りたい気持ちです。

国家賠償請求訴訟を提起した決断に、勝手ながら勇気づけられます。この訴えを大切にして、注視していきたいと思います。

お付き合いしている方との幸せをお祈りして。


女性自衛官の人権侵害について、励ましのメールを募集していましたので、励ましになるかどうか分かりませんが、コメントを一言述べさせていただきます。

 この事件については、新聞かテレビで一度だけ私の目に触れましたが、その後どうなったかは、あまり報道されていないようです。そのときの感想は、言われてみれば自衛隊でこういう事が起こってもおかしくないと思うけれど、今までは隠されてきたのだな、と思いました。女性自衛官が正義に基づいて提訴したことは、新鮮な出来事に写りました。

 自衛隊が米軍といっしょになって、人権侵害の片棒を担いでいるときだから、隊内での人権侵害は助長されるのではと、予測されます。もともと、自衛隊という組織は,上官の命令が絶対で、隊内での民主主義は無いのだから、今の人権尊重の日本国憲法の基では存在が危うい組織なのだと思っていました。

 ここで、人権侵害を止めさせるために勝利を目指して頑張ることは、自衛隊の変質をこれ以上許さないためにも、また、女性や権力をもたない立場の人の基本的人権を守るためにも、大切なことと思います。

 頑張っている女性自衛官を励まし、勝利を目指すために、私は署名を集めようと思います。お忙しいところ申し訳ないと思いますが、毛利さんの方で、『励ます会』でも何でもいいですから、署名用紙を作ってもらえないでしょうか? よろしくお願いします。


支援の動きが出てきました。嬉しいことです。

[AML 14088] Fw: 北海道・自衛官人権裁判 支援のお願い
http://list.jca.apc.org/public/aml/2007-May/013635.html

[AML 14114] 「女性自衛官の人権裁判」の第一回公判日程・東京報告会
http://list.jca.apc.org/public/aml/2007-May/013661.html


防衛省に抗議の声をあげてください
 ☆女性自衛官への不当な処遇をあらためるように。

☆防衛省 航空幕僚監部
eメール:infomod@mod.go.jp
電話:03-5366-3111(代表)
※ここが、トップなのですが、実際には下記にまわされるそうです。
〒162-8804 東京都新宿区市谷本村町5番地1号
防衛省 航空幕僚監部総務部 広報室
電話:03(3268)3111(代) 内線(60092〜95)





・連絡先:jinken07@hotmail.co.jp
・振込み口座:北洋銀行 北7条支店 普通 3859062
 「女性自衛官の人権裁判を支援する会」 
・ホームページ(現在制作中 6/3オープン予定):
http://jinken07.10.dtiblog.com/
posted by じゅん at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(^O^)/アベイリュージョン

【雑な議論★雑な報道】

年金についての全ての時効を、ならば「年金時効撤廃特例法案」は、現在の混乱対策にまず必要だろう。


だか、「社保庁改革関連法案」は、このまま強行採決させるべきではない。

五千万件の数字だけが一人歩きで、内訳かまるで解らない。
加入期間別、年齢別、そうした詳細が不明では、対策の立てようがないだろう。
その議論も報道も丸でない。
ただ漠然とした年金の将来への不安だけが、結果として煽られる。

これで改革の出来る訳がない。社保庁と年金をどうするか?最初に戻って考えるべきだろう。

【見えている結果】

強行採決で成立。消えた支払い記録は、参院選予測次第で、最大、証明無しで年金支払いの善政?のバラマキ、が着地点だろう。

いま、安倍の言う第三者機関によるは、それまでの時間稼ぎ。

松岡自殺ど浮力を増し、労組潰しが目的の社保庁改革?で、まためくらまし。
狙いは改憲の為の議席増
posted by じゅん at 18:05| Comment(0) | TrackBack(1) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(-.-;)与野党の攻防はヤマ場

【雑な議論★雑な報道】

年金についての全ての時効を、ならば「年金時効撤廃特例法案」は、現在の混乱対策にまず必要だろう。


だか、「社保庁改革関連法案」は、このまま強行採決させるべきではない。

五千万件の数字だけが一人歩きで、内訳かまるで解らない。
加入期間別、年齢別、そうした詳細が不明では、対策の立てようがないだろう。
その議論も報道も丸でない。
ただ漠然とした年金の将来への不安だけが、結果として煽られる。

これで改革の出来る訳がない。社保庁と年金をどうするか?最初に戻って考えるべきだろう。

【見えている結果】

強行採決で成立。消えた支払い記録は、参院選予測次第で、最大、証明無しで年金支払いの善政?のバラマキ、が着地点だろう。

いま、安倍の言う第三者機関によるは、それまでの時間稼ぎ。

松岡自殺ど浮力を増し、労組潰しが目的の社保庁改革?で、まためくらまし。
狙いは改憲の為の議席増
posted by じゅん at 17:48| Comment(0) | TrackBack(1) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(^_-)-☆大岡様にはなれませぬm(._.)m

昨日から裁判員の模擬選任が始まった。

ワイドショーが事件発生時に下した判決をなぞるだけの見せ掛け裁判で、死刑判決=殺人の共犯にされるのはゴメンだ。

 裁判員制度が、ドンドン現実化している。反対するのは本当に少数だ。

 ぼくは、建前として市民(国民)の司法参加に間違いはないと思っている。
これまででもそうだが、法科大学院卒業が条件になる新制度では、なお一層受験教育の勝ち組の、偏った人々しか法律家になれなくなるので、市民の常識を裁判に反映させるために必要だと思う。

 ただその為に、裁判員を長期間拘束出来ないからと、裁判機関を短縮する、この誤り。

 もう一つそれ以上に怖ろしいのが、「重大刑事事件」についての、偏った上に洪水のような報道、それによる先入観。

この二つを、取り除く事をしなければ、死刑判決の負担を、裁判官だけから、一般市民に押しつける。そうしかならないよう思える。

 残念だが、この二点は殆ど無視されている。

で、ぼくは呼び出されたら逃げます、合法的に。

 方法は、裁判員の候補として呼び出され、事前質問をされたとき、

「あなたは警察官の捜査を信用していますか」 の問いに
「いや、信用ならないですね」 
「死刑には絶対出来ません」  
 こう回答すれば、裁判官検察官から忌避(外される)されるようです。

 詳しくは、

「裁判員制度の知られざる罠 裁判員面接で思想チェック」
http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/27f78e12828b4ce61eb1beb8d0ab42ff

99、9パーセントの脅威的有罪率!!

の異常事態を糾したい、その志を持って臨みたい。

その時は、猫を被って、質問には調子を合わせて!!
posted by じゅん at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(@_@)極秘 裁判員にされない方法


昨日から裁判員の模擬選任が始まった。

ワイドショーが事件発生時に下した判決をなぞるだけの見せ掛け裁判で、死刑判決=殺人の共犯にされるのはゴメンだ。

 裁判員制度が、ドンドン現実化している。反対するのは本当に少数だ。

 ぼくは、建前として市民(国民)の司法参加に間違いはないと思っている。
これまででもそうだが、法科大学院卒業が条件になる新制度では、なお一層受験教育の勝ち組の、偏った人々しか法律家になれなくなるので、市民の常識を裁判に反映させるために必要だと思う。

 ただその為に、裁判員を長期間拘束出来ないからと、裁判機関を短縮する、この誤り。

 もう一つそれ以上に怖ろしいのが、「重大刑事事件」についての、偏った上に洪水のような報道、それによる先入観。

この二つを、取り除く事をしなければ、死刑判決の負担を、裁判官だけから、一般市民に押しつける。そうしかならないよう思える。

 残念だが、この二点は殆ど無視されている。

で、ぼくは呼び出されたら逃げます、合法的に。

 方法は、裁判員の候補として呼び出され、事前質問をされたとき、

「あなたは警察官の捜査を信用していますか」 の問いに
「いや、信用ならないですね」 
「死刑には絶対出来ません」  
 こう回答すれば、裁判官検察官から忌避(外される)されるようです。

 詳しくは、

「裁判員制度の知られざる罠 裁判員面接で思想チェック」
http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/27f78e12828b4ce61eb1beb8d0ab42ff

99、9パーセントの脅威的有罪率!!

の異常事態を糾したい、その志を持って臨みたい。

その時は、猫を被って、質問には調子を合わせて!!
posted by じゅん at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

社保庁 改革??の誤り

安倍政権は、今は領収書、客観的証明・・・を言うがこれは交渉術。
選挙間近には、原則申し出承認(領収書等無し)の人気取りに転じるだろう。

年金を廻る、加入記録については今のところ、正確な全貌は分かっていないようだ。

データーの突き合わせ、それに要する時間経費、引き合う資産の有無。

今問題化している社保庁改革法案は、そうした事態を把握せずづに作られてものだろう。
 それを、親方日の丸だからダメ、ただ民営化すれば、何もかも上手く行く。こんな言い草で、なんの証明も無しに、有権者の三分の一の支持しか受けていない与党が、強行採決で。決して許されない事だ。
 百年は安心な年金制度!だれが大見得を切ったのか。年金制度が病気だと、診断が出来てもいないのに外科手術?何処を切る積もりなのか。

歴代社会保険庁の責任!を言うなら、先に大臣、首相のだろう。


最近目立つのは、こうした政治=国会の混乱を

与野党の攻防、綱引き、駆け引きと伝えるのが報道の常となっているが、これもおかしい。

その焦点が、国民全体に、日本の未来に、どの様な変化をもたらすのか?
伝えるべき点は、先ず第一にそこにあるはずではないか!!
posted by じゅん at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松岡コケたら、安倍浮かぶ

 立花隆も人がよい。あるいは著名なので、あからさまに書けないのかも知れない。この連載て少し前、小泉安倍の大学改革が、学問の基礎、哲学を亡ぼそうとしている、そう断じた記事は、良い。

http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tachibana/media/070529_shinsou/index.html
この記事で、「松岡コケたら、安倍もコケる」の小見出しで結果として見殺しと書くのだが。
 辞任の佐田、松岡、伊吹、柳沢などのボロ閣僚を取りそろえての内閣。余りにも愚かではないか。
 根拠を示せる訳が無いが、整理して考えるなら、彼等は当初よりサンドバッグ要員、弾道ミサイル「改憲」のブースターと見のが自然だ。

 この記事で、ぼくも昨日書いたが安倍首相が、
 
◇引用始め◇
この事件に関して、私がとんでもない発言だと思ったのは、安倍首相の次の一言である。

安倍首相の問題発言「ご本人の名誉のために申し上げておくが、『緑資源機構』に関して捜査当局が松岡農水相や関係者の取り調べを行っていたという事実もないし、これから取り調べを行う予定もないという発言があったと聞いている」

なぜこの発言がとんでもないのかといえば、これが、総理大臣による事実上の指揮権発動に近い発言と感じられるからだ。
◇引用終わり◇
 

この指摘は正しい。決して首相として許されない事。指示して知ったのでなく警察、検察が知らせたとしても同じだ。それをどうしてマスメディアは厳しく追及しないのか?

 あべ内閣に政権担当の資格など一かけも無いのだ。
posted by じゅん at 05:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月30日

何〜〜?と つ ご う

造語者 安倍晋三

造語時点 2007 05 30 1445
国会党首討論にて (^-^)


突合????

突き合わせ が 読めなかっただけ(・_・、)


再生させた公教育で?

高い学力と規範意識…

自分の為 (^_-)-☆
posted by じゅん at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

と つ ご う 新語

造語者 安倍晋三

造語時点 2007 05 30 1445
国会党首討論にて (^-^)


突合????

突き合わせ が 読めなかっただけ(・_・、)


再生させた公教育で?

高い学力と規範意識…

自分の為 (^_-)-☆
posted by じゅん at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。