2007年05月06日

(゜o゜) 読売社説の誤り

 「北朝鮮の核や国際テロの脅威が深刻化する今、日本は米国との連携を一層強化する必要がある。」

だから、

 「集団的自衛権の行使の容認に踏み込むことが必要である。」


と5月5日の読売社説は展開する。

 国際テロの脅威、それが日本にとってどんな現実性があるだろうか?その論証は全くない。日本に向けて計画・・は常にアメリカ発の、イラクの脅威同様のいかがわしものでしかない。

 アメリカとの連携こそが、日本の将来を危うくする(*^_^*)続きを読む
posted by じゅん at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道 テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

それがどうした?花田君!

【土井たか子さん、中傷記事を提訴】

花田紀凱!!窮すれば鈍する、以前は並の編集者だったが、最
早「自虐史観」の宣伝塔!


【事実ならどうだと】
朝鮮半島出身→だから拉致実行者と(思うれる)人間を庇った
と結ぶが、他にどんな根拠が?
 この嘆願書には国会議員の署名者もあった、現在拉致実行者
と推測される人物が中に含まれていた、それは事実だ。
 しかしその当時の判断として、誤りがあったか?それは大い
に疑問だ。
 これをあげつらうなら、イラク戦争開戦支持の、日本政府の
決定が、同じように誤りである、そのように非難しなくてはな
らない。
花田君はそれをしているか?この雑文の著者は?それが問題
だ。
 
【社民党の女性議員に・・】

 この土井さんへの中傷は随分以前からネット上に溢れていた
、真に受けている人が少なくないのも知っている。
 流布させているのは、ネット右翼??を自称する連中で、彼
等は土井さん辻本さん以外の社民党の、殊にに女性議員に対す
る中傷サイトを幾つか開いているが、他者の中傷より先に、自
らに伝えるべき何かがあると思いこみたいなら、すべき事は幾
らでもあるだろう。
 故人とは言え、対北朝鮮利権の元締めだった、金丸信に同様
な事をしないのは何故か?
 弱小政党の、しかも女性を狙った行為は、彼等の変質者ぶり
の証明でしか無いだろ。

 それを書店販売の一般紙に敢えて掲載する、花田君、どこま
で落ちぶれたのか?



月刊誌「WiLL」が社民党元党首の土井たか子氏が朝鮮半島
出身であるかのような記事を掲載したことに対し、土井氏は1
8日、事実に反し、信用や名誉などを毀損(きそん)されたと
して、発行元のワック・マガジンズ(東京)と代表者らを相手
取り、全国紙への謝罪広告の掲載と損害金1万円を求める訴え
を神戸地裁に起こした。
訴状によると、同誌は06年5月号に掲載した論文「拉致実行
犯辛光洙(シン・グァンス)釈放を嘆願した“社民党名誉党首
”」の中で、「土井氏は知る人ぞ知ることではあるが、
本名『李高順』、半島出身とされる」などと言及した。土井氏
側は「事実無根の捏造(ねつぞう)記事で、土井氏に対する取
材に基づかない一方的な推測で作成したものだ」と主張してい
る。
同誌の花田紀凱編集長は「訴状を見て対応したい」と話してい
る。
posted by じゅん at 12:42| Comment(0) | TrackBack(1) | 報道 テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

ザワイドは 騒音オバサンを…

日テレが系列の讀賣グループは改憲が社論。


投票三人、賛成ニ票でさえ憲法を変えられる、国民投票法案成立。


皇太子に男子出生よりめでたいだろう。

何故祝賀番組をせず!!


騒音オバサン??


ザワイドは政治ネタ嫌い?

ラジオでは法案への疑問の声はいくらでも。


全てを知られたく無い、誰かがいる(^_-)-☆
posted by じゅん at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道 テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

報道よ眼を覚ませ!!

今憲法が変えられようとしている。

午後にも


憲法調査特別委員会、本会議での採決を


自民党 公明党は強行しようとしている。


若者に意味無く血を流させる第一歩!!


三割与党の三割 改憲!!

彼等のした事をはっきり記憶しよう。
posted by じゅん at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道 テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

陰の薄いライブドアニュースだが

 日テレの見識を疑う、小泉政権賛美番組
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2467880/detail

 この記事は良かった。かすかな期待を込めて、日テレの見識とやはり言ってはやりたいだろうが、放送局言うよりは、ここは最早広報局。
 ”小泉劇場”の檜舞台として、就任直後から始めたニュース枠のの中の「小泉流」と言うミニ番組があったが、今度の安倍晋三では何をしでかすやら?
 初の戦後生まれの首相、それ以外何も話題性の無い人物を。
 昨日は予想に違わず、「重大刑事事件」は起きなかった?!ワイドショー好みの、下半身ニュースもありはしたのだが。
 民主党苦心の、カウンターニュース、硫黄島訪問も扱いはミニミニ。
posted by じゅん at 04:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道 テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

朝日記者、酒気帯び検挙  60才の哀れ

 本社記者が酒気帯び運転 甲府
http://www.asahi.com/national/update/0920/TKY200609200440.html
 飲酒運転で懲戒解雇の身延町教育長についての記事も、刑sつ担当として書いていたと言う・・・


 彼はあと幾日で退職を迎える筈だったのだろう。
 この時期に、酒を呑んで警察に車で出勤とは決死隊と言うか、自殺志願と言うか、傍目には考えられもしないが、大量飲酒の常習者の意識はそんなものだ。
 
 


続きを読む
posted by じゅん at 21:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 報道 テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

サンケイ新聞 この内政干渉(笑)に何とする!

 米下院委員長、「遊就館」の展示内容見直し求める
 http://www.sankei.co.jp/news/060916/kok007.htm

「第二次大戦が西洋の帝国主義からアジア太平洋を解放するため始まったと、若い世代に教えることに困惑する。日本に支配されたアジアの人々は、日本を解放者とみていない」
「A級戦犯が祭られる靖国神社の参拝は、(ナチス・ドイツの)ヒムラーらの墓に花輪をささげるようなものだ」

 親国アメリカでさえ、歴史を直視するなら、こうした理解以外には示しようも無いのだ。 
 日頃中韓両国の内政干渉を非難して止まない、サンケイ新聞よ!!
 この露骨で、居丈高の内政干渉にどう答えるのか?
 反米デモを「扇動」するか?

 明日は、ハワイ沖海戦に「再チャレンジ」の社説でも載せるのか!
posted by じゅん at 15:01| Comment(2) | TrackBack(1) | 報道 テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

またサンケイ 生け贄攻撃

 乙武洋匡さんのブログが荒らされている、昨日のぞこうとしたら、まともにアクセス出来ない、コメントが4000に近かった。これでは威力業務妨害とさえ言える。
 イラク人質事件の今井さんのブログへに比べれば、数こそは少ないとは言え。
 自称とは言え、一応中立公正な報道を旨とする全国紙サンケイが実はこうした、心ない行為の発信源とさえ言える記事が昨日載っていた。

 続きを読む
posted by じゅん at 22:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 報道 テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

きっこのブログで去年

 今日の日テレ「ニュースリアルタイム」は珍しくまともなニュースを流した。
 トップは例の出来レース、次にイラク帰還米兵の、劣化ウラン弾汚染による、内部被爆者が、5万人に及び、訴訟が提起されていること。
 次がアルカイダとフセイン政権の結びつき無しの、当時のCIA分析。
 続きを読む
posted by じゅん at 23:26| Comment(0) | TrackBack(1) | 報道 テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

オーマイニュース(OhmyNews)に???

 8月28日に日本版オーマイニュースが始まった。
       http://www.ohmynews.co.jp/
 今日の「 加藤紘一氏に緊急インタビュー 【動画あり】
     テロの背景とナショナリズムのあり方 」
    「 鈍感な報道、責任転嫁の首相
         加藤氏実家放火事件の現場から」
 この二本は評価できる、他何本かも目通したが、別にとやかくは無い。
  しかし、スタッフと掲げられる理念はどうあれ、ヤフーが経営主体その一点で、ぼくには期待が持てない。
 今日、左遷で鬱病発症が労災認定されたとニュースが。
 続きを読む
posted by じゅん at 21:30| Comment(1) | TrackBack(2) | 報道 テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

報道の定量性

 
 定量性と言っても、定量:定性と言った分析手法の・・までの事では無く、例えば最近定型句になっている、幼児殺害事件の激増?こうした今では多くの人々がすり込まれてしまった印象、それが果たして事実か、若しくはそれを確認する努力を伴って報道があるのか、そうした意味だ。 続きを読む
posted by じゅん at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道 テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月16日

「ガイアの夜明け」の底の浅さ

 東京12チャンネルの、ガイアの夜明け、民放版プロジェクトXだろうか?
 ローカル局で、単発番組買いの再放送を、ラジオで聴いた。
 山中漆器の海外展開戦略・・と言ったコーナーで、「丸太からロクロで漆器の木地を挽きだして・・」としていたのだが。
 これをそのまま受け取ると、丸太を輪切りにしてそれを椀状に加工する、そのように受け取られるのだが、それでは説明不足というよりは、誤り。
 興味がある方は、漆器製作で検索すれば、解りやすい説明は見付かるはずなのでそちらを。
 民放と限らず、テレビ全体でも、時間つぶしくらいにはなる例外的な番組に思えるのだが、取材が甘い。この回に限らず、全体に取材が偏っていて不十分。
posted by じゅん at 13:23| Comment(2) | TrackBack(1) | 報道 テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月10日

つながるテレビ@ひゅーまん

 ワールドカップなどどうでもいいのだが、秋田の男児殺害事件についての、地元藤里町の方の今を伝えるとの予告で観てみた。続きを読む
posted by じゅん at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道 テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NHK「日本のこれから」を後半少しだけ

 視聴者の参加者には、可成り様々な人が呼ばれていたが、進行が額賀防衛庁長官に喋らせすぎ。
 取材ビデオで公平を図ってとも言えるのだが、その後にアメリカが日本を守ると言う虚構を語らせるのではやはり困る。
 敗戦後一二ヶ月に限れば、日本に対する武力侵攻が続く事、ソビエト軍の北海道上陸も全く可能性無しとは言えなかったろうが、それ以降現在に至るまで、日本へのそれが存在すると言うのは、米軍の占領、駐留の名分でしかなかった。
続きを読む
posted by じゅん at 23:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 報道 テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月09日

シンドラー 秋田・男児殺害

 今週初頭から気になっていたが、ニュースの緊急性重大性の順は、こうでしか無いだろう。
 秋田の事件では、接見弁護士の会見で、容疑者も警察発表と大筋同様の話と伝えられるので、最早マスコミがこれ以上憶測であれこれ言いつのる時期では無いと思う。
 無論これまでの、報道が必要妥当だったと言えるかと問えば、無意味な不安を煽る以外の何の意味もなかった、そう断定できる。
 事件は一地方の、偶発的な出来事であり、年少者の犯罪、年少者が被害者であるそれの増加はどのような統計にも読み取れず、ただマスメディアことにワイドショーが殊更こうした事件を、不必要に反復した結果の、社会的不安の増大でしか無いのだから。続きを読む
posted by じゅん at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道 テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

カウンターニュース

 兵庫労働局免職の元職員 「裏金でキャリア接待」 共同
http://www.kobe-np.co.jp/kobenews/sg/0000036082.shtml
 本来重要なニュースはかく覆い隠される。
 昨晩10時か?にNHKラジオでこれを伝えた。そのときには当該職員は自宅等の資産差し押さえを受けている、ともしていたのだがこの記事には無い。
 とするとNHK独自取材か?ところが今日付け日刊紙では、この神戸新聞のみ。続きを読む
posted by じゅん at 23:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 報道 テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

民主・山本議員、がん告白 ラジオは生きている!

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20060522i111.htm?from=main1など同報多数。
 山本議員、がん告白、このニュースは、文化放送の5時からのニュースで聞いた。
 是非キチンと審議して欲しい法案なのだが。続きを読む
posted by じゅん at 22:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 報道 テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

今、日曜討論が始まった

 NHK日曜討論が始まった。テーマは額賀防衛庁長官だけをを読んで、日米防衛協力(普天間移転・・)についてと、後半は明日から審議開始の医療制度改革。
3兆円の過大な負担の説明でもさせるのか。
 少なくとも賛成できないとする立場の主張も共にさせるのが公共放送ではなかろうか。
 日本がアメリカの盾でしかないと言う「日米同盟」の本質を伝えろとまでは求めないが。
 確かにどちらも重要でない無いとは言えないのだが、採決強行もあり得る共謀罪審議こそ、もっと緊急性があるだろう。
  明らかに逃げている!

 共謀罪については、お気に入りリンク先にも入れている、
「情報流通促進計画byヤメ記者弁護士」
 http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005
を是非ごらん下さい。法律の込み入った事で説明はどうして長くなりますが、良く読めば、大変危険な法律であることは、明解に分かります。
posted by じゅん at 09:24| Comment(1) | TrackBack(2) | 報道 テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

藤原紀香  たまにスポーツ紙を見ると

「清志郎、一青窈ら6組が野音ライブ」
「紀香、レンズ通し復興支援訴え…東ティモール写真展」
「心を切り刻む共謀法と、孝太郎・・」

 などと!


続きを読む
posted by じゅん at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道 テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

成立目前!それでもTVが共謀罪を取り上げない理由

   http://espio.air-nifty.com/espio/
 ESPIO! 野田敬生の最新レポート  より転載。(今読んだだ所で無断なのですが、緊急性があるので) このメルマガは購読の価値大いにあります。


■成立目前!それでもTVが共謀罪を取り上げない理由
                     Vol.416 04/27/061.続きを読む
posted by じゅん at 20:37| Comment(9) | TrackBack(14) | 報道 テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。