2006年04月24日

愛国



      これが日本だ私の国だ
posted by じゅん at 23:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月02日

夕桜


 何と言う事もないソメイヨシノなのだけれど、沈みかける夕陽が、何のと思わせる光景を見せてくれた。
posted by じゅん at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月07日

春の始まり

 梅、モモ、桜桃と花開き、彼岸桜も満開。木蓮も日だまりでは開きだした。春の始まり、自然のうつろいは、毎年間違いなく訪れるのだが、日本の冬はいつ終わりのはじまりとなるのだろうか?

posted by じゅん at 21:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月26日

花の季節の始まり

 12℃前後の日が続き、梅は満開、桜桃も開きだした、杏、桜と目を楽しませて呉れる季節の始まりだ。人間社会の冬の終わりをうかがうべくもないのと異なり、自然の循環は今年もゆるぎなく流れている。


posted by じゅん at 13:33| Comment(6) | TrackBack(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

廃屋

 セメント瓦から見ると多分1960年前後位に建てられたらしい家。もう十年ほど無住になっている。まだ家が商品化される前の、人が生きるかけがえ無い拠り所、ありのままにそう言えた時代。ここで建具職を営んだ方はもう故人。
 今見れば粗末なともみえるが、当時では可能な材料でしっかりした作りではあった。
 すっきりした柱、梁の単純な線が美しい。


posted by じゅん at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月07日

青鷺

 よく脇を通る用水池に、去年は余り見なかった川鵜が10羽ほど来ています。そこに舞い降りた青鷺が、白昼堂々、首をからませ愛を囁くているようにも見える、鵜に向かってもの問いたげに、ではなく魚を探しているのがそう見えるだけなのですが。

posted by じゅん at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月02日

カワセミに最接近

 市役所まで二キロほどの街外れの川縁で、カワセミを見かけました。距離5メートルほど。もっとシャープに撮りたかったのですが、光量不足、腕不足。

posted by じゅん at 19:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

冬の花

 暖かい土地なので、南向きの土手にはこの時期でも、何かしらの花が見られます。

 カラスノエンドウ?と菜の花
 
 
posted by じゅん at 13:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

カワセミ

 街中でも川端を通ると結構カワセミを見かけます。12倍ズームでも近寄れないので、この程度。じっくり待ってもっと大きく撮れる機会を持ちたいものです。

posted by じゅん at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。